FC2ブログ

また日本が未来技術を…

四足歩行ロボットのアイボ。
二足歩行ロボットのアシモ。
どちらも日本製で、かつ最初に製品化を成功させたのも日本。
一昔前なら未来技術と考えられていたものだ。
手塚治虫が想像した未来世界に近づきつつある。

そして先日 大阪大学が、
宇宙の太陽光をレーザーに変換して、
それをエネルギーとして使うという技術の開発に成功したと発表。
それで得られるエネルギー量が人工衛星1つにつき、
原子力発電所1基分ということである。
国全部の電力を賄おうと思ったら、恐ろしい数の衛星が必要になるが、
無尽蔵に供給される太陽光を、
実用可能なエネルギーに変換できるというのが凄い訳だ。
つまりその人工衛星が故障するまでは、
半永久的に原子力発電所1基分のエネルギーが供給され続ける。
明らかに未来技術である。

そしてこの技術が生み出す弊害も簡単に思いつく。
この技術、テロリストたちに流出でもしたら、
簡単に地表が焼き払われてしまう技術であるということ。
しかも防ぎようがない。
原子力発電所1基分ものレーザーが、
何の設備もない場所に降り注げば、
それはただの兵器にしかならない。
メギドの火だ。などと嘯く識者が現れそうな勢いだ。

さて、そして今度の未来技術はというと。
『脳内イメージでコンピュータを操作』
ついに出ました仮想現実世界ウォーカー。
環境にもやさしい未来技術ですね。
今回のは慶應義塾大学が開発したもので、
セカンドライフというインターネット上の仮想現実空間を、
頭でイメージした通りにキャラクターを動かせる。
というかなりえげつない技術なわけです。
頭皮の3ヶ所に直径1ミリの電極を貼るだけで、
仮想世界に動作を伝えることができる。

うーん、もはや完全な未来世界。
もしくは魔法世界。
頭で思っただけで、世界が思い通り。
任天堂が次々世代のゲーム機に導入しそうな技術だ。
頭で思っただけで魔法が使えるゲームとかw

リハビリなどに使えるように開発しているらしいが、
それは建前に過ぎないような気がする。
自分たちが未来を引き寄せる快感に、
技術者が勝てなかったってだけのことだろう。

また日本かよって気がしないでもないが。
漫画などによって、世界各国に比べて未来技術に対して、
日本はかなりビジョンが豊富だということもある。
それに加えて軍事利用できない技術には、
お金をかけない国ではこういった技術はあまり発展しない。
しても一般に公表されることはほとんどない。
日本の宇宙開発費というのは、
先進諸国に比べて圧倒的に少ない。

にも関わらず太陽光レーザー衛星などという技術を開発したりする。
ある意味じゃ今でも鎖国してるんと変わらんのかもね、
精神的な所だと。

参考URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR