FC2ブログ

音楽の価値を下げている奴ら。

えー、日本の音楽界が腐りきっているのは知れたこと。
こんな記事を読んでいただければ、
僕の怒りも少しは皆様に飛び火して頂けるのではないかと。

記事を要約しますと、
著作権者団体がipodなどのデジタルオーディオプレイヤーからも、
金を巻き上げたい。と言い出しとる訳でございます。
これはもはや著作権を守るという行為から逸脱している。
著作権者団体は権利を守ることよりも、
お金をもらうことの方が重要なのだということを、
自らの主張ではっきりと示している訳です。

もはや地獄だとしか言いようがない。
もともと、著作権者団体[JASRAC]やレコード会社などは、
CDの売り上げの7割ほどを持っていく、
ハゲタカなのでありますが、
さらに直接売り上げとは関係のない所からも、
金を巻き上げようとしている。

CDの売り上げが落ちているのも、
こいつらが原因だと言っても過言ではない。
CDの標準的な値段がもっと下がれば、
CDは少し前の時代のように100万枚売れることなど容易くなるのに、
それをしない。

自分たちの懐を暖める金が、
少なくなることを恐れているからだ。

着うたなどという音質劣化もはなはだしいメディアが、
100万ダウンロードを突破したりしているのも、
ひとえに手軽で安く手に入るからである。
本来、音楽とは身近で手に入りやすいものであるはずだ。
一昔前なら、CDというメディア自体の価値が高かったので、
アルバム一枚3000円という値段でも、それほど驚かなかった。
しかし、今現在CDというメディアの価値は昔に比べ暴落し。
素人目からも一枚3000円は高い、
と言われるようになってしまった。

音楽を権利の種くらいにしか考えていない奴らが、
音楽界のトップにいて、良い音楽が広まるはずがない、
金に目が眩んだ奴らに音楽の何がわかるというのか。
マーケティングで得られた情報を元に、
世代のニーズに合わせた劣化コピーのような音楽が跋扈し。
聴いたことのあるような音楽がループしつづけている。

もちろん一部では、
こういった風潮にカウンターパンチを当てるような、
素晴らしいアイデアを模索している人たちもいる。
椎名林檎が平成風俗 大吟醸という、
高音質DVDアルバムを発売した。
劣化した音質に慣れた人に対して、
音楽の新しい価値を提唱する一つの道になりえる。
SA-CDやDVDオーディオなどの
購買層が限られるフォーマットではなく、
一般のDVDプレイヤーでも視聴可能にしたことで、
それほどCDと差の出る音質にはなっていないようだが、
アイデアが素晴らしい。

業界が手を打っていないことを、
アーティストが痺れを切らして始めるというのは、
一番大切なことなのかもしれないと思う。
JASRACは自浄作用の働かない、腐った権利団体で、
国の省庁とも密接なつながりを持っている。
なぜかというと答えは簡単。
JASRACから国に大量に金が流れているから。

JASRACの異常さ加減について知りたければ、
一度キーワードJASRACで検索してみてください。
凹むような記事ばっかりだから。

音楽舐めんなよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR