FC2ブログ

創作ということについて。

最近、あまり創作作業が上手くいかない。
もちろん俺程度の努力では上手くいかないだなんだと、
一丁前に言えるような所にはいない事くらい分かる。

それでも、俺自身の創作意欲が、
以前よりも落ちていることは実感している。
認めたくはないことだが、認めることでしか前に進めないので、
認めておくことにする。
もちろん今でも作るということは大好きだし、
俺にとって必要不可欠なことだということは分かっている。

にも関わらず、以前に比べて作りたいという欲求が、
確実に低下しているということも事実なのである。

そしてその理由も恐らくは分かっている。

俺の創作意欲の根源を幾つか説明することができる。

一つは純粋な創作欲。
この世界にはないものが自分という存在を介して生まれるという快楽。
その愉悦を味わいたいという純粋な創作欲。
これが俺を創作に駆り立てる一つの欲求になっている。

しかしこの欲求も「自分の中にあるなんだか分からないもの」
それにに限りなく近いものに触れてしまうことで、
ある種の満足感と先にやられてしまったという劣等感で、
作ることができなくなってしまうことがある。
創作に没頭したいのなら、情報は断つほうがいいのだろうと思う。
少なくとも俺に関しては。


二つ目は表現欲。
自分の作ったものを認めて欲しいという欲求。
この根源は俺の場合、
自分に自信がないというコンプレックスから来ている。
自分が何も持たないものであるから、
虚構という武装をして他人に勝負をかける。
虚構を通して自分を認めて欲しいという欲求が生まれる。

こんな俺でも他人に認めてもらえるかもしれない。
そう思うことで表現したくなる。
創作欲とはまた違った意味合いの欲求だ。

しかし最近になって、この欲求が明らかに低下している。
それは自分に自信が持てるようになったからではなく、
今の世間程度に認められて、本当に認められたと言えるのか?
というマイナス面の方に思考が偏りはじめているからだ。
今の世の中に認められて、
自分が本当に嬉しいと思えるのか、という一点につきる。

それと表現欲求低下にはもう一つ理由がある。
上記のような理由ももちろんあるだろうが、
俺が自分を批判する人たちから遠ざかっているという現実。

悔しくて自分を認めさせたいと思うような、
俺のことを軽視する人の側にいれなくなったことは大きいかもしれない。
今、俺の周囲には、
一応ある程度俺という人間を認めてくれている人しかいない。
それに俺自身、どんな人間関係の中でも、
ある程度の人間関係を築けてしまうようなズル賢さを持ってしまった。

コンプレックスというのは力を生む。
それはいい意味の力だけではないけれど。
それによって精神は磨耗するし、
平和な時間ばかりが続いても心は勝手に沈んだりするのだから、
なるべくならそういう所からは遠ざかって置きたいのは事実だ。

それでも、このまま腐っていくよりはいいのかもしれない。

創らなければ俺は腐ってしまう。
中身もなにもない俺だから、
せめて中身のあるものを創りたいと願うのだ。
ハリボテのようにならないように。
このまま終わりたくはない。

歪んだ創作意欲かもしれないけれど、
とりあえずはこの力を、何かに変えられればいいと思う。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR