FC2ブログ

山崎邦正はスベリ芸じゃないよ!

山崎邦正という人について。
あの人を語ろうとするとよく、
「スベリ芸」だとか言われるのを見るのだが、
個人的には非常にピントのズレた意見じゃないかと思うのだ。

なぜなら山ちゃんはスベる時は徹底的にスベるからだ。
そしてそこで笑うのは取る側の自由であって、
スベったという点においては間違いなくスベっている。
わざとスベって笑いを取りに行く、
いわゆる一週まわったスベリ芸ではない。

山ちゃんがスベっても笑える理由というのは、
時折みせる奇跡のフォロー力と、
憎みきれない愛らしいキャラと、
独自のお笑いロジックによって生まれる、
通常の芸人にはない粗い破壊力ではないかと思う。

もちろん、これらは単に論理化しただけで、
他の芸人がマネしようとしてもできるものではなく、
もはや山崎邦正という人ありきで出来上がったスタイルである。

つまり「スベってもいい」という絶対的な立ち位置を確保したことで、
芸人としては不動のポジションを確立したといえる。

山ちゃんは「面白い」と認められても、
笑い的なハードルがあがることのない稀有な芸人なのである。
通常「面白い」と認められてしまうことで、
笑いのハードルが上がってしまったりするものなのだが、
山ちゃんや村上ショージさんのようなタイプの芸人さんは、
そのハードルの概念が通用しない立ち位置にいるのである。

もしハードルが上がっている現場にいたとしても、
「スベる」ということが最終的に許容されるポジションであるからだ。
これはスベリ芸とは言わない。
芸ではないからだ。

スベリ芸というのは、
あえてスベルことで計算的に笑いを取ることを言うと思うが、
山ちゃんや村上ショージやRGは、
基本的に全力で笑いを取りに行くのだ。
そしてその取りに行った笑いでスベっても、
許容されるポジションにいられるというのがすごいのだ。

スベってもいい、などとは思っていない。
ウケたいのにスベる。
これは狙ってできることではない。
なぜなら狙ってしまうと、その時点で寒くなってしまうからだ。
細かな部分が分からずとも、
視聴者にはそれが伝わってしまったりするもの。
ジャリズムの山下さんが飛びぬけないのはそういう理由かとw

ただ日本の笑いのメカニズムの進化は、
そこまで分かると山下さんすらも面白くなってきてしまうという、
かなり複雑な所まで来ているとも言える。

ともあれ、以上のような理由をもって、
山崎邦正さんは「スベリ芸」ではないことを提唱します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR