FC2ブログ

栞と紙魚子の怪奇事件簿

ネットサーフィンをしていましたら、
栞と紙魚子の怪奇事件簿というドラマが放送されていることを知りますた。

おいおいおい!

これは諸星大二郎の「栞と紙魚子シリーズ」ではありませんか!
生首事件やクトルーちゃん一家シリーズなどなど、
斜め上行く諸星ナンセンスワールドのマンガでございます。

これがドラマ化されていたとは…
ばびったぁ?!いま、諸星ブームっすか?
はてさて、どこまで諸星ワールドを再現できていることやら。
次からは見てみることにしましょう。
深夜とはいえ日本テレビは思い切ったことをしますw
ドラマはまだ見てないので、出来はどうかわかりませんが。
もしかすると人気でるかも。

諸星作品の映像化といえば、
最近では「壁男」の映画化でしょうか。
壁男は奇作『夢の木の下で』の中に収録されている、
複数話からなる連作短編マンガです。
紹介サイトを見る限りでは、
モチーフだけを使って内容は別物といった感じのようですが。
奈良では上映されていないので、
DVD化をまつしかないというのが寂しい所ではあります。

少し前には「奇談」がありました。
阿部寛が稗田礼二郎を演じていましたね。
思えば、この頃には
まだ僕は諸星大二郎という作家のマンガには出会っていませんでした。
先に作品に出会い、打ちのめされた。ということです。
この映画は、今見れば確かに諸星エキスがたっぷり詰まった、
見事な諸星ワールドの映像化だったのだと分かります。
映画館で初めて見たときは、
ただただその発想の気持ちよさに打ちのめされました。
妖怪ハンターの傑作中の傑作『生命の木』を、
見事に映画の尺で見せきってしまった。
改めて、もう一度「奇談」が見たくなりました。

さて、諸星作品の映像化といえば、
古くは妖怪ハンター ヒルコというのがあります。
僕は見たことありませんが、
稗田礼二郎を演じるのはなんとあのジュリーこと沢田研二。
映画好きの先輩に聞けばB級映画として超一級品だとかw
モチーフはこれまた妖怪ハンターの『海竜祭の夜』ですが、
映画の方はまったく別物だそうです。
機会があれば見てみたいと思います。

他にも「暗黒神話」のアニメがあったり、
『世にも奇妙な物語』で
「城」「地下鉄をおりて」「復讐クラブ」
の三作が映像化されているようです。
この辺りの映像はレアすぎて恐らく見ることができない気がしますが。
うぅ…もの凄く見たい!

ちなみにもし次に何か映像化するとしたら、
個人的には『僕とフリオと校庭で』を、
1クールくらいのアニメかドラマで全短編を映像化して頂きたい。

さて、なにはともあれ、
「栞と紙魚子の怪奇事件簿」楽しみに見てみたいと思います。
と、思ってたら関西の方では放送はないそうです。
第2日本テレビで動画配信があるそうなので、
そちらで見れる模様。よかったね♪
感想とかも書きたくなったら書くかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR