fc2ブログ

最近聴いたCD's

Crucify my heart / Lullacry
フィンランドの女性ボーカルを擁するバンド、ララクライ。
ヘヴィなサウンドとメロディアスなボーカルが非常にカッコよく溶けている。
何故か北欧系のバンドの作るメロディやサウンドはよく日本人の琴線に触れる。
ボーカルが目立つように意図して作られたアルバムだと思うが、
サウンドのクオリティも高く、非常に達者なバンドというイメージ。
必要以上にサウンドが前に出すぎないようにしつつ、
しっかりと存在感をアピールできている。プロの仕事だ。
肝心のアルバムの内容だが、全体を通して佳作・良作揃い!
駄作と呼べる曲は一つもなかった。いいものを聴いた♪

Elegy / Amorphis
これもフィンランドのバンド、アモルフィス。
彼らを初めて聴いたのはAM UNIVERSUMをジャケ買いした時。
個人的にAM UNIVERSUMは暗くてメロディックな聴き易い作品だった。
が、彼らが本当に評価を受けていたのはこの頃だったようだ。
つまり、ジャンルでいうところの、メロディックデスメタル。
サウンドは好きだしカッコイイのだが、やはりあの地獄の歌声にはついていけない…
グヴォォオオオオオオ ゾルゾルゾルゥヴウウウウ!!

Under My Skin / Avril Lavigne
初めてアヴリル・ラヴィーンをしっかり聴いた。
すごい。流石によく出来とります。
サウンドは小奇麗にまとまり、
シンガーを活かす為の音作りがされていてすごく聴き易い。
好感を持てる曲は多いが、まだまだ発展途上か?
この子には、もっと深いところに、すごいものが隠れているような
今よりも未来に期待させる何かがある。
彼女自身、おそらくまだ自分の中にある本当の音楽を
うまく具現化できないことに戸惑っているのではないだろうか。
小手先のアレンジやミックスじゃなく、
楽曲そのものがさらに進化しそうな気がする。
決してアルバム自体のクオリティが低いわけではないが、
名盤とよべるほどの物でないことも確かだ。

Moment Of Glory / Scorpions
ジャーマンメタル界の至宝、スコーピオンズ。
そのスコーピオンズがベルリンフィルハーモニーと共演したアルバム。
一曲目の[Rock Your Hurricane]をセルフカヴァーした[Hurricane 2000]はヤバイ。
オーケストラの迫力と泣きサウンドを掛け合わせたこれは一曲目として最強。
作品の性質上、全体的にバラード曲が多くなっているが、それもまたいい。
スコーピオンズの過去の名曲がオーケストラと共に甦る。
かなり熱いアルバムでしたねぇ、聴いて良かった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR