スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自開の門

僕は、小学生の頃は不登校児で肥満児でガキ大将気取りで、
そのくせ打たれ弱くてコンプレックスが沢山あって。
喧嘩っ早いというかキレやすい不安定な性格だったと思います。
それでも家に友達を沢山呼ぶのが大好きでした。

両親が共働きだったというのもあって、寂しかったんでしょうかね。
一杯遊びに来てくれる友達がいたといえば聴こえはいいかもしれませんが、
結局は僕の家は親もいないし、結構好きにやれる場所だったんで、
都合のいいたまり場のようになっていました。

中学校くらいから、
女の子から露骨に嫌悪感を表されるようになりました。
今思うと、その頃の自分はすごくヒステリックだったように思います。
家庭の事情とか、周囲の状況とか、
言い訳を探せば沢山あるのかもしれません。

けれど恐らく、原因はやはり僕です。
斬りつけられたら斬り返す。
そのやり方しか知らないのが幼いということで、
斬りつけられないように自分をどうすべきか。
という方に頭を向けられないんです。

自分の価値観を否定したくないから。

それに幼いというのは自分の獣性を押さえ込めない、
理性に乏しい時代です。
まだ言葉にできない多くのフラストレーションが、
知らないうちに自分の中に蓄積されていき、
最終的にそれが表層的に現れます。

けれど、そんな中学時代に多くの出会いがありました。
男の友人たちは太っていようが構わず僕と接してくれましたし、
僕自身、太っているということに対する
コンプレックスはあまりなかったように思います。
小学校くらいまでは持っていたかもしれませんが。

知らず知らずに溜まったストレスを解き放つすべを知らず。
周囲にぶつける、調子にのる。
そんなことをするといつも自分に
何かが跳ね返ってきていたように思います。

うちの中学校は少し悪めの学校だったので、
ガキ大将時代を経てきた僕が最初に頭を打ったのはここです。
僕達の育った地域とは「悪い」という概念が違う奴らが沢山いました。

それでも最初に僕をあだ名で読んでくれたのは、
そんな悪いとされる奴らの中の一人だったし。
その後も僕と仲良くなっていったのは、
どちらかといえば素行がよろしくないとされる奴が多かったように思います。
けれど、みんなで一緒になって悪さをしたようなことはなくて、
ただ一緒に楽しむことが好きな関係を作ることができた。

それは不良だけじゃなく俺のような半ばオタクや、
音楽好きの奴、スポーツ好きの奴、色んなタイプの人間と知り合いました。

大切なのは彼らに僕を認めて貰えたことと、
僕が彼らを色眼鏡で見ずに認めることができたこと。
その両方がとても大切なことなんだと思うんです。

今はもう亡くなってしまった大切な友人の一人が、
彼女ができないと悩む昔の僕に言ってくれたことがあります。

「いつかマルのそのままを認めてくれる子はきっとおるで」

そんな言葉をかけてくれる優しい人でした。
心に刻みました。
みんなから認められていて人の心を掴んで離さない。
そういう人間だったと思います。
彼のその言葉があったから、僕はまず一歩、
相手に心を歩み寄らせるという本当の意味を知った気がします。

そして高校に入ると、また新しい友人たちに恵まれました。

O「そういう所なおさなあかんでマル」
と優しくたしなめてくれる友人がいました。

F「気ぃついてへんやろうけど、そういう所おもろいで自分」
そんな風に自分が気づかない所に気づいてくれる友人を得ました。

Y「今日はワルちゃんの日やな」
心のコントロールが苦手な俺が、
他者に対して毒性が強くなる時があることをネタにしてくれるツレがいました。

一日中パソコン選びに付き合ってくれて、
親身になってアドバイスしてくれるような友人も。

そしていつからか苦手になっていた女性との会話も、
少しずつ仲良くなっていく過程でできるようになっていきました。

自分を開くとは、自戒することで見えてくる門のこと。
このままの自分ではダメだ、どう変わろう?
自分はどんな人間を尊敬しているだろう?

そんなことを常日頃から考えて、自分の中に取り込んでいく。
意識的であろうが無意識的であろうが。
まだまだ対人恐怖症からは簡単に抜けだせそうにもありませんが。
それでもこのままでいいとは思わない。
門の向こうに何もなくても。

ひらけた空があれば、もうそれだけで充分だと。
そう思えるだけの穏やかな心になりたいと思う。

今の自分があるのは、
自分なんてもんが矮小で卑小だったからだと思っています。
両親や友人や大切な人たちが模範となり、
鑑となって示してくれた「何か」を汲み取り、
自らの血肉とする

自壊せぬよう。
自戒し自開するように心がけたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。