スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 1期から劇場版について。

スパロボに00が出るってんで、劇場版のことを思い出していました。
00の劇場版、実は映画館まで観に行っていたのですが…

あ、こっからネタバレ記事になりますのでご覧になる予定の方はお控えを。
ちなみに小説版などは読んでいないので、
そちらとは解釈が違う可能性もありますのでご留意ください。
では続きを。
劇場版を観に行ったものの、今日まで感想を書かなかったのは、
映画のラストが個人的に人間やめてでも異星人と解り合おうっていう
やたらと押し付けがましいメッセージだと捉えていてしまったんです。

テレビ版は丁寧につくられていて良く出来てると思ってたんですが、
劇場版でお茶を濁されたような気がしてまして。
あまり好きじゃなかったんですが。

もう一度劇場版のラストシーンの意味を考えてみようと思ったら。
00は切実なまでに人間になろうとする物語だったんだなと。
ふと。

戦争根絶や融和や対話や分かり合いという大きなテーマはあれど、
主人公である刹那としての物語はなんだったのだろうか。

刹那はガンダムになろうとした。
それは圧倒的な力によって紛争をとめたガンダムが
戦争という非人間的な日常の中で矮小であり続け、
心を育てられなかった刹那にとって唯一の神のように見えたからだろう。

それゆえに刹那は限りなくガンダムと同化し、
イオリア・シュヘンベルグの計画とリボンズ・アルマークの謀略に飲み込まれる。

結果的にそれが真のイノベイターへと至る道となった訳だが、
それは人間でなくなることでもあり。
さらに刹那はELSとの対話の果てに融合を果たす。
金属生命体になって年をとることもなくなった刹那は、
年老いたマリナのもとへ帰還する。

「こんなにも長く時間がかかってしまった」

そう淡々と語る刹那。
それは人の心を知るのに、ということだろう。

マリナの心を理解するのに、自分はこれだけの時間を必要とした。
それを認め、
その上で再会する為にマリナのもとへと戻る心の強さを獲得して。

人でなしになろうと、人の心を理解しようとすれば、
それは人でなかろうと人なのだと思う。

吾々が人を人と感じる所以はそこにあるし、
そこ以外の部分はあまり大切ではない余計だ。
他者の心を理解しようとする心。
これを以て人と成す。
互いの間違いを間違いとせぬよう、
どうしようもない世界の中からでも正しさを見出していく。

閉じた心に気付くのには時間がかかる。
しかし気付いたら開くことはできる。
分かり合うとは、
心を分け合うこと。
己の心を見ずに他者の心を推し量ることはできず、
他者の心を知らねば己の心を知ることもできない。

合わせ鏡のような世界なのに争いが起こるのはなぜ。

そのもどかしさに耐え、
戦い続けた果てに、ガンダムでもイノベイターでもなく。
刹那は人間になったのだと思う。

これにて、00ガンダムの感想とさせていただく。
トータルしてあざとい部分はかなりあれど好きな作品でした。
よく出来ていました!

誤解していてごめんなさい。
これで少しだけ作品と分かり合う為に歩み寄ることが出来ただろうか。
そう言える映画だったということだと思う。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。