スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロリン・マゼールという指揮者のクラシックに打ちのめされる。

えー、実質今日一日はベートーヴェン漬けでありました。

一日でベートーヴェンの交響曲を1~9まで演奏する
それを指揮するのは80歳のマエストロ、ロリン・マゼール。
クラシックに明るくない俺はマゼール氏のことを知りませんでしたが、
指揮者でオーケストラが変わるというのは真実のようです。
とてつもない集中力とオーラ、細やかな動きと表情と。
とにかく全身プラスαを使って指揮をしているのが分かる。

1番、2番は聞き逃してしまいましたが、
結局全部で7曲聴かせていただきまして。

朝から何も食べていないまま年をこしていました。

掃除の手を何度も止めつつ見入り聞き入っているうちに、
知らない間に年を越していたというくらいに
マゼール氏のベートーヴェンは凄かった。

個人的には第九はもちろんのことなんですが、
4番と6番の田園、7番が良かったなぁ。

初めてちゃんと聴いたにも関わらず震えるほど感じた4番。
風景がありありと見えた匂い立つような田園。
7番はのだめで人気になったらしいことを抜きにしても、
とてつもない後半の畳み掛けで大盛り上がりでした。

緩急のつけかたや、音と音の間に確かにある
存在感のある静寂までをも音楽にしてしまう力。
表情によって場の空気までも巻き込んでシンフォニーにする。

割れんばかりの拍手が鳴り止まない理由がそこにはあった。

日本のオーケストラであんな
壮絶なスタンディングオベーションが見れるのか。

26歳最後の年の瀬にして
初めてクラシックの壮絶さを痛感した思いです。
マゼールさんのCD買いあさってみようかな。

自分にとってあたりの指揮者の人を見つけたら、
クラシックを聴く楽しさは倍増するはず。
これはいい出会いだったかもしれない。

ブルックナーにすべきか、ホルストにすべきか。
ロメオとジュリエットもいいなぁ。
ああ、何にしようかなぁ。

それにしてもマゼールさん指揮の田園のDVDだけで4000円くらいするっぽい
ってことを考えたら、
今日の無料のUSTREAMってやっぱり無茶苦茶な試みじゃないのか。。。

だって、全部・・・
しかも演者側の気合いの入り方がハンパじゃなかったし。
指揮者とは解釈を与え、奏者を導く役割を持っているのだなぁ。

良い物見た!
あらためてしみじみとそう思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。