スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本人志のコント MHKについて雑感。

先日、NHKで放送された松本人志のコントMHK。
とても言葉で言いつくせない感慨があった。
以下ネタバレになります、
これからご覧になる予定の方は読まないでください。
かつて。
松本人志がこれほどまでに自分をさらけだしたことがあっただろうか。

面白いだけじゃない。

身につまされるような、
苦悩よりも遥かに深い松本人志の闇。

松本人志はMHKでそれをネタにコントを書いている。
自分をネタに笑いを作っている。

最後の答辞のコント。
これは松本人志という芸人の歴史を言っている。

一人で壇上で話すだけのコント。
もうとんでもない。
話術、アドリブの速度、演技力。
そして、本音と建前の逆転の構造。
こうでもしないと
まっすぐな言葉すら吐けなくなってしまった王者の弱さ。

逆ギレの瞬間。
その言葉はこの上のない本気。

そしてそれは一体誰への怒りだったのだろう。
視聴者はバカだ。
笑わせたいはずの相手をバカにすることでしか、
保てない自我があった。

逆ギレをしてしまいましたと笑いながら言う顔が切ない。
松本人志ほど理知的な人間が、
視聴者を十把ひとからげにバカにしてしまうことの矛盾に気づかない訳がない。

しかしその矛盾と戦うのはすごく大変なことだ。
もしそのまま負けてしまったって誰も責めたりしなかっただろう。

「もう終りだと思ったんじゃないですか?」

MHKのコント内で放たれる象徴的な言葉は、
おそらく全てが松本人志の本音だ。

「ものごっつええ感じ」の視聴率不振。
映画「大日本人」「しんぼる」の完成度ほどに評価されない現状。

世間から松本は終わったと思われていると本人が感じていてもおかしくはない。

いつだって王道のてっぺんにいなければならなかった。
間違えてはいけない、すべってはいけない。
あいつ昔はもっと面白かったのに。
そんな眼に見えない強迫観念と常に戦っていたのかもしれない。

幽霊コント内での、
「ずっと居ると、ずっと怖いねぇ…」

というセリフは芸能界にという含みだったのだろうかと考える。

答辞のコントの話に戻るが。

なんでも逆に絡めて話すサカタマコト。
その中学3年間を松本人志本人の歴史に例えているかのよう。

逆のパターンがもうなくなってきたと芝居をやめて、
しんぶんし!とさかさことばを言う。

「俺かってなぁさかさことば言いたい時くらいあるわ!
”逆”でーへんかった時かってあるわ!」

この上のない感情の吐露。
王者の弱音。
そして本音を言いたいという本音。

視聴者や自分や多くのことにたいする怒り、憤り。
それを乗り越えてたった一言を言うために。

ここまで入り組んだコントを必要としたのだ。

壇上には松の盆栽。

それは逆に俺は天才だという表明のようでもあるが、
透けて見えているのは間違いなく
ただの凡才である一人の天才の姿。

臆病な普通の人がいるだけ。

なんとも滑稽だ。
だが力強い。
それをネタに笑いを作れるなら怖いものは何も無いはず。

もしかすると松本人志は、
そろそろ自分の進退について考えているのかもしれません。

しかし、このコントを作れる人間は松本人志以外にいなかった。
個人的には、まだまだ見たいんですけどね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

映画三本目に主演野見さんらしいよ!松本は出ないらしいね。

プロフェッショナルで言うてたなw
高須ちゃんのドキュメンタリーハイでも野見さん大活躍やったからね
確かに究極の笑いの答えは野見さんにあるかもしれんw

幽霊コント内での、
「ずっと居ると、ずっと怖いねぇ…」
というセリフは芸能界にという含みだったのだろうかと考える。

全く違うと思います。
コント内はコント内の世界であり、
芸能界への何かメッセージを含ませるとか
笑いと関係の無い無駄な部分を
松本氏はコントに差し込むわけないと思うんですが?

まあ個人的な勝手な意見ですので。
お気にさわったならすいませんです。
自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。