スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縁起直し

whitesagesmudgingさんに採光を勧めて頂いたので、
日中は部屋中のカーテンと窓をあけ、
風通しと太陽の光をとりこむように心がけている。

それでもまたウトウトとして今日も金縛りにあった。
ほぼ毎日のことだ。
しかし無気力からは回復してきている。
これはここ最近の行いが自分にとって
間違っていないことの何よりの証明だろうと思う。

単純に金縛りがクセになっているのかとも思ったが、
他に何か原因があるのではないかと考えた。
まだ家は全然キレイな状態とは言えないし、
日々の課題はまだまだ山盛りだ。
しかし、何かそれだけじゃないような気がした。

俺の部屋は窓が3つある。
東側に小さめの窓。
西側には少し大きめの窓。
しかし隣の屋根のおかげで直接西日が挿し込んでくることはない。
そしてベランダがある南側の大きな窓。
ここは半分が本棚でふさがっている。

朝の光は東側の小さめの窓から結構な量が挿し込む。
それは部屋としては悪くないはずなのだ。

さらに俺は東枕で寝ている。
別に風水を気にして東枕にした訳でもないが、
俺が一番楽な方角だからなのだが。
枕の方角としては決して悪くないはずだ。

だがおそらく問題だったのは以前に本住吉神社で買った御札の置き場所。
これを枕と同じ東側の高い場所に置いていた。

今日これが大きな間違いだったことに気がついた。

ん?
もしかすると御札って東側を向くように置かなくてはならないのでは?
と、朝から降っていた雨があがり
部屋に西日の光が差し込んだ時にふと気がついた。

そして調べてみるとどうもやはりそうらしい。
神社の人に「御札は東側か南側に向けておいて下さいね」と言われたのを、
「東側か南側において下さいね」と勘違いしていたようだ。
御札の文字がしっかりと西側をむいておりました。

あーあ、やっちったよー。
俺やっちってたよー。

でも、これに気づいたのも太陽の光を部屋にとりこんだり、
風通しをよくしだしてからなんだよなぁ。
清浄な力の影響をうけたから自然とそういう考えになったのかもしれない。

何かが「違うよー」と教えてくれていたのかもしれない。

神仏を大切にする心は精神衛生上も悪いことではないし、
人知を超えた何かでなくとも心が原因であれば、
その心を落ち着かせるということは解決に繋がるはずだ。

俺の部屋に神棚はないので、
メタルシェルフの上で東側に背を向けておいていた御札を、
西側のカーテンレールをキレイにして、
そこに白いハンカチを敷き簡易の神棚を作り、
その上に今度こそ御札の文字を東向きに置いた。
間違えていたお詫びに隣にお酒もお供えした。

人生で初めて二礼二拍手一礼を自宅で行った。

もちろんそれをしたからといって、
苦しいことや嫌なことから逃れて日々を送れるなどとは思わない。

これから特定の宗教を信仰することもないだろうし、
スピリチュアルにのめりこむこともないと思う。

けれど人間が知覚できることなどたかが知れているという可能性は、
我々は人間でしかない存在なのだから頭に入れておく必要はある。
人間の目に見えるものが全てだと思っている人ばかりなら、
電子や素粒子や量子は発見などされなかったのだ。
そしてそれらは知覚できなくとも我々に影響を与えることができる。

それだけで人知を超える現象の説明としては充分だ。

心の中の問題も、
眼に見えない科学や物理学の問題も、
概念も。
実はすべて人間という存在にとっては同じ領域の話だ。

理解できないことを恐れたり極端に拒絶したりするのは、
何か違うよなと最近はそう思う。
人間という臆病な獣は浅薄な知恵を最大の武器だと思いがちだ。

しかしそれは違うはずだ。
少なくとも俺にとっては。

人間に武器があるとすれば自らの多様性を
自身が見出し獲得することができるということだろう。
知らず知らずのうちに人が人を人と定義付けている領域。
我々はそんな領域など超えていくことができるはずなのだ。

科学なんていう概念がない時代に生きた先人達の方が、
人間という獣の可能性をより多く示していたのだろうと思う。
進歩を否定するわけじゃないけど、
一面的な進歩が必ずしも全領域的な進歩たりえるかといえば、
それは違うだろうということは言えるだろう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

前進していることは素敵なこと!

良かったです。爽やかな空気の流れになりましたね。私も嬉しいです。音楽を小さい音でかけていても金縛りに遭われましたか?かなり念の強い霊ですね。
しかし、3日後、6日後単位で振り返れば、間違いなく、回数は減ってくると思います。

作曲をされるんですね。音楽は、生きている人だけでなく、亡くなった方をも救う力があるんですよ。音楽は、魂のために存在するんです。音楽の本当の役目を認識して作曲する人は少ないと思います。作曲の才能がある方なので、音楽の役目を認識するために、この道を歩まされたのかもしれませんね。

Re: 前進していることは素敵なこと!

本当にありがとうございます。
夜寝る時には必ず音楽をかけながら寝ているのですが、
家の中で作業している時に一段落ついて音が途切れた時に、
ふとウトウトしてしまいその時に金縛りになりました。
しかし霊の夢などはパッタリみなくなりましたし。
以前には音楽を流していたりしても金縛りになったりしましたが、
風通しなどをよくしてからは
音楽を流していれば金縛りになることはなくなりました。

何より無気力から回復できたのが実感できるのが嬉しいです。
ここ数カ月、ヘタをすると何年かは、
何をしていても無理をしているような感覚がつきまとっていたんですが、
心も身体もかなり自然に楽を感じられるようになってる気がします。

部屋を掃除したり、空気をキレイにしたり、太陽の光を浴びたり。
本当は当たり前のことなのでしょうけど、
それを実践できなくなっている状態でも
平気な感覚になっていたんだなぁと。
もともと怠惰な性格で、
何か理由を探してそういうことから目を背けていた気がします。

そういう所が付け入る隙あたえてしまったんでしょうね。

それにしても音楽には
亡くなった人も救う力があるということを教えていただいて、
本当に感謝しています。

俺は感覚にまかせて言葉を出すので、
曲自体の意味をすべて把握できていません。
音楽にはそういう多様性があるほうがいいと思っていますし、
時には時間や概念を超越することもあるだろうと思っています。

亡くなった人にも届いて欲しいと思いながら作ることもありますし、
逆に亡くなった人から
何か届かないかなと思いながら作ることもあります。

たぶんこれまで俺がつくってきた音楽っていうのは、
そうやって色んな本当の意味で
「世」と「界」との共作だったのかもしれないと思えました。
いつだって自分以外の何かに助けてもらいながら、
全てのものが出来上がっていく気がします。

これからも、こだわりを捨てるのではなく、
俺にできる最大限の手の繋ぎ方を探したいと思っています。

新しくできた曲も、人様に胸をはって出せるものではないかもしれませんが、
これからの俺にとってすごく大切だと思える曲になりそうです。
亡くなった母を想いながらも
前向きな意思を持って生きていこうと
常に自分に言い聞かせてきましたが、
音楽がそれを形にしてくれたのは初めてのことでした。

こんなブログの管理者にここまで丁寧にアドバイスや言葉をかけて頂けた上に、
その回復を喜んで頂けるような人に出会えたことを幸せに思います。
長くなってしまいましたが、改めて深く感謝を致します。

ありがとうございます。

それに作曲の才能があるとまで言っていただけたのですから、
やっぱり音楽を続けていくことはやめられません。
もしこの先また「死ねばいいのに」と言われれても、
やるべきことがあるからごめんだと答えることにしますね!
「音楽の役目を認識する」
それが俺にできることかどうかわかりませんが、
一生と命をかけるに足るやりがいをどうもありがとうございました!!
自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。