スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だれのせいでもないからきつい

ふぅ。
心筋梗塞から辛うじて助かった親父の見舞いに行くと、
手術の後遺症なのか意識混濁、せん妄状態。
昨日はもう少しマシだったんだけど。

まあ予想としては、
良くなったり悪くなったりを繰り返すだろうと思っていたんだが。

気力も回復し、自分で歩き回れるようにまでなっていた。
キリコ・キュービィかと思うほどの異能者っぷりだ。

しかし頭が駄目だ。
何を言っても言う事を聞かない。
恐らく不安やら不満やらが精神を圧迫しているのだろう。

去年のこの時期に親父は肺に水が溜まり、
結果的には数分間の呼吸停止になって死にかけた。

命は助かったものの、
意識は混濁、頭が混乱するようになった。
その時とほぼまったく同じ症状。
さらに元来の気質のせいで余計に面倒になる。

つまりワガママが止まらない。
大声をあげる、暴れる。

一般病棟にうつって二日目。
すでに看護婦さん達が音を上げはじめた。

以前のときはそれが原因で術後、
一ヶ月たたないような状態で無理やり退院させられ、
頭がおかしい状態の親父を家に連れ帰ることになった。

結果。
家の外を裸で歩き回る、ボヤを出す、家中ひっちゃかめっちゃか。
夜通し叫び続ける。

俺はノイローゼになり自殺するか親父を殺すかで真剣に悩んだりもした。

もちろんその間、何もしていなかった訳じゃない。
親父を受け入れてくれる精神病院を親父を連れて探し回った。
奈良中をまわったが人工透析を必要とする上、
色々と面倒が多い患者の為ほとんどの病院が受け入れ拒否。

それでも時間が薬になり徐々に頭も回復しはじめた頃になって、
ようやく受け入れ先の病院がみつかり親父を精神病院に入院させた。
約二ヶ月程度。

そして退院したのが去年の7月。
約半年程度でまったく違う病気で同じ状況に。

今回も無理やり退院させられたら
次は俺が倒れるだろうってことは明白。
そうなったら誰が親父の面倒を見るんだ。
今だって結構ギリギリでやってんだよ。

ということで。
看護婦さんには前もって
同じような状況で以前に入院していた病院名を言って、
もし面倒が見切れなくなったらそっちに転院させてくれと告げた。

去年の時の病院では『一旦退院してみて様子をみましょう』
と医者に言われて家に連れ帰ったら、
さっき書いたような状態で、あわや大火事になりそうになった為、
もう一度入院させてくださいと頼んだら
『歩行も会話もできる人間を入院はさせられない』ときた。
それなら最初からウチでは面倒みきれないんで、
退院するか違う病院を探してくれと言ってくれ。

イヤだ。
もうあんな日々は勘弁だ。
本当に勘弁だ。。。

ふぅ。

・・・寝よ。

おきたらいつもの元気なボクだからね!
(※いつもそんな感じじゃないよ!?)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。