スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまぁ~ず×さま~ず

テレビという箱の中のお笑いで、
ある特定のお笑い芸人のというのは
「世界」を築きあげる。
我々はその世界に参加し
独特の笑いの世界観を共有する。

その面白さという概念に浸る。

芸人の特色。
それだけでは決してない。
テレビというメディアの中に
空気という世界を固着させる。

ドリフが作り出した世界。
ダウンタウンが作り出した世界。
とんねるず、ウンナン、ナイナイらの世界がある。
みな、その雰囲気や空気に参加する。
参加したいと思わせる空気。
それはある特定の芸人だけが醸し出すものだ。

俺はそれを「世界力」と呼ぶことにする。

テレビのお笑いはある時期を境に淡白で、
同じ場所をグルグルと回っていくようになった。
それは新たな世界力を構築する為の布石が打たれていなかったからだ。

手法の踏襲というのも重要なことかもしれない。
インスタントなお笑いも当然素晴らしい。

しかしお笑いを先へ進める力。
あたらしい世界を持った芸人は、
テレビ界における至宝だと思っている。

その価値観の世界を好きになる。
のみ込まれるのだ。
話芸という技術を駆使し、
テレビというシステムを駆使し、
我々をそこへずるずると引き込んで行く。
そういうタイプの芸人は世界力を持っている。

そして言いたい。
「さまぁ~ず」の持つ世界力は凄いのだと。

多くの人は知らず知らず
その芸人特有の「面白さの世界」に入り込むのだ。

その世界をより強固に構築するためには看板が必要だ。
だから冠番組というものが芸人にとっては重要なのだ。
テレビという箱の中に世界を作る為に。

先日「さまぁ~ず×さま~ず」を初めて見た。
これを待っていた!と思った。
かなり長い間テレビから遠ざかっていたから、
見落としていた。

ようやく新しい土台が一つ。

まだまだその素養があるのに、
席を用意して貰えない芸人は沢山いるが。

だがようやくテレビを、
もう一度楽しめるかもしれない希望。
その布石が打たれた。

縮小再生産のような番組ばかりの中
ようやくドシっと気合の入った世界が現れた。
さまぁ~ずの世界は深い。

役割が均等なのに色合いが違う。
互いにボケ、互いにツッコム。
そして互いが笑いの世界を持っていて、
それが融合した世界になる。
これが世界力の色合いと深さになる。
これぞコンビの真髄と思わせてくれる理由だ。

参加したくなるのはそういう世界だ。

もう終わりかけていたと思っていた
テレビのお笑いの世界に、
さまぁ~ずがようやく新しい光を注ぎこんでくれた気がする。

またひとつ、新しい楽しみが増えた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。