スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元のラックス

ウチの地元にあるラックスは店員の質がいいのか、
店長の指導がいいのかわからないが。
まあ恐らくその両方だとは思うがマンガへの造詣が深い。

平積みのマンガは良く入れ替わるし、
知らないマンガにも興味を持たせるレイアウトを良く考えている。

というよりも売れるマンガは放っておいても売れるのだから、
それよりもスタッフがどんなマンガを売りたいかっていう意思が感じられる。
そういう店には当然いいお客さんがつくだろうと思う。

個人的に今日お見事!と思ったのは、
今度感想を書こうと思っていた青山景の「ストロボライト」と、
以前に簡単に感想を書いた浅野いにおの「虹ヶ原ホログラフ」が、
隣合わせで二冊ずつ並べられていたことだ。

ストロボライトは虹ヶ原ホログラフと似たアプローチで描かれたマンガだ。

どちらも太田出版で「あ行」の作家さんなので、
当然隣合わせに並ぶことは全然ありえる。
しかし2冊ずつというのが子憎たらしい。

明らかに目を惹かせようとしているし、
両方を知っている人間にしてみれば、
少しニヤっとしてしまうレイアウトになっている。

こういう細かな本への造詣の深さは、
本好きに対する訴求力を持つ。

それでも売り場面積は限られているし、
スタッフの趣味に合わないものは置いていなかったりするので、
そういう場合はAmazonなんかで買うわけだけど。

好きな書店だ。

ひどい所になるとマンガを包むビニールの圧縮で、
マンガ自体がグニャっとなってしまっている店がある。
大抵そういう書店は潰れていくか、
負のオーラをまとったまま近場の客のみで辛うじて生き残る。

奈良ではめずらしくペン先やインクや原稿用紙など、
マンガを描くための画材も置いてある書店なのだ。
アニメイトまで行かなくても、緊急に必要な時は画材を買える。

これはほぼ間違いなく店員に絵に対する造詣の深い人間がいる。
むしろ自分の趣味の為なんじゃないかと思うくらいの、
いい品揃えをしてくれている。

ぜひこれからもスタンスを崩さずにやって頂きたい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。