スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンピース ストロングワールドを観てくる。

ワンピース見てきた。
0巻も貰えたし面白かったけど、案の定マナーの悪い人たちがいたなぁ。
レイトショーで大人ばっかりだったのに。
子供の方がよっぽどまともだった。

映画の途中に腰にぶら下げた鍵をジャラジャラと鳴らしながら、
何度も席を立ち外と中を出入する。
何か事情があったのかもしれないが、
最低限、腰にぶらさげた鍵の音をなくす努力くらいはできるはずだ。

エンドロールも最後まで見ずに席を立ってしまう人たちが多い。
そんなに急いでいるのなら見に来なければいいのに、と思ってしまう。

別に俺のルールを押し付ける訳じゃないが、
自分の行動が他人の目にどう映るのかくらいは想像して欲しい。
一度椅子に座ってしまうと少し動くことにすら神経を使ってしまう身としては、
壮絶な胆力だなと感じる。
気にしすぎると良くないので、なるべく映画に集中するようにしたが。
環境としてはやっぱり映画は人が少ない時に見るのが一番だ。

映画自体の感想は、
ちゃんと尾田栄一郎のワンピースだったなぁ、と。
特典の0巻は内容的にはジャンプに収録された0話と後は設定資料くらいで、
貰えれば嬉しいのは嬉しいが、どうしても欲しいものではなかったなー。

とんでもなく面白かったか?と聞かれれば違う。
けれど広い層の人がワンピースの面白さを楽しめるものではあったと思う。

尾田イズムを感じるセリフが随所に散りばめられていたし。

落とし所や演出も分かりやすくて、
ワンピースらしさが感じられる。
大人から子供まで楽しめる映画だったのではないだろうか。

上映前にキャメロンのアバターの宣伝を見てしまい、
これは見に行くことになるんだろうな、と。
思わせられてしまった。

ただ場内での宣伝で、
大筋のシナリオは見えてしまっていたような気もする。
あそこまで見せても期待を上回るほどに、
観客の予想をひっくり返す自信があるということだろうか。

もう既にどんでん返しの予想がつきそうな宣伝だった。
プロモーションって難しいのだろうが、
美味しいところを見せすぎじゃないのかとも思った。

もっと見る前に内容をあれやこれやと、
想像させるようなもので良かったのではないだろうか。

まあ。
何はともあれワンピースはカッコよかった。
マンガのワンピースではやれないカッコよさだったよなぁ。

そりゃやっぱ一番熱いのはカチコミシーンでしょう。
衣装と歩いている姿だけでカッコイイもんなぁ。
あれだけでも見に行った意味はあったかもなー。

初日で4億突破したらしいが、壮絶な記録だな。
0巻という餌があったとはいえ、
ワンピースというマンガが努力してきた結果だと受け止めて良いと思う。

アニメのワンピースは久しく見ていないが、
マンガのノリと変わらず楽しめたので個人的には不満はない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。