fc2ブログ

鮫肌男と桃尻女

いや、望月峯太郎作品は個人的には「バタアシ金魚」が一番好きなんです。
この鮫肌男と桃尻女は実はずっと敬遠してきて、読まなかった作品。
映画化もされて、けっこう有名な作品だとは思いますが、
どうにも手が出なかった。

いつからか望月峯太郎の絵は、読む人間を突き放すようになる。
もともと彼の作品は平面的な絵で淡々と物語を描く雰囲気を持っていた。
しかし彼の絵は徐々に、淡々としたタッチから
記号的な不可思議さ≠リアルさを表現するようなタッチになる。
著名な作品でいえばドラゴンヘッドなどはその傾向が顕著だ。
もちろんドラゴンヘッドの成功はそこにこそあるのだが…

そして、この鮫肌男と桃尻女である。
読み終わってから、読んでよかった。と思った作品だった。
タッチはすでに読む人間を突き放すものに変化していた。
けれど、このマンガは、その彼自身のタッチを美味く作品とブレンドした
彼自身の象徴のような作品だと言えると思う。

淡々と進む物語、
期待や予測はすべて裏切るためにあるのだと言わんばかりの
めまぐるしい展開とキャラクター描写。
タイトルまでをトラップにしてしまった、最後のたった1行に導く為のマンガ。
読む人間を突き放す為に作られた作品。
そして彼がその作品を作ることによって、
我々は突き放されてはならないと信じることができた。

彼は無意識に読む人間を突き放している訳ではなく。
意識的に、突き放しをやっているという答えだ。

「ついてこれるなら、ついてこいよ」

そういわんばかりのクールさと熱さを感じる漫画家です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR