スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカリズム、升野英知という人について。

バカリズム、升野英知という人にあって、
他の多くの芸人たちにないものをあげるとすれば、
それは自らをデザインする能力ではないだろうか。

彼のセンスを表現する場所はネタだけに限られない。
ライブDVDなどの隅から隅まで、どこを見ても升野英知の血が通っている。
自らを演出する方法をあらゆる角度から試している。
その完成度の高さは「お笑い」の裾野を広げる領域だ。

とんねるずやウンナンやダウンタウンが開いた地平とも、
それ以前の、またはそれ以後のどの芸人たちとも違う。
升野英知のセンスによって独自のバカリズムという世界を構築した。
この方向性にもし流れがあるとすれば、
それは芸人ではなくフリッパーズ・ギター的なもののような気がする。
サブカルチャーのチャンプルのようなお笑いなのだ。
どの要素をどんな風に詰め込んでもバカリズム世界に閉じ込めてしまう。

音楽や映像はそれ自体が自己紹介的でもあり、
デザイン的に自らの印象を固定化させる為の技法のようでもある。

ネタの幅の広さ、発想の豊かさ。
どこか新しい所を見つけてやろう、
というクリエイター魂のようなものを感じる。

そしてそのフィールドは、バカリズムにとって
これまでに用意されていた場所だけじゃなくても良かった。
無ければ作れば良いし、ただ単に彼にはそれが出来た。

特に音楽的なものへの造詣の深さは尋常ならざるものを感じる。
敏感なアンテナで時代と自らの印象のバランスを嗅ぎとり、
それを自然な形でパッケージできてしまう。
自らを総合プロデュースするというスキルは、
作り手としてのステージを一つ前に進めることになる。

素養が無ければ成立することのないステージだろう。
そしてテレビのトーク番組などにも挑戦するし、
R-1などの賞レースにも出場する。
芸人としての姿勢が見事だ。
自分自身をバカリズムほどデザインできる芸人は少ない。

なぜなら、バカリズムがいる場所は、
これまでお笑い芸人が踏み入れなかった方面だからだ。
そこに面白さが転がっていると、
あまり誰も気付かないような場所だったからだ。
表現されて気付く。

あ、ここってこういう風に面白くなるんだ、と。
今までに見たこともないという新しい地平を、
このお笑い戦国時代に切り開くというのは並大抵のことではない。

どの芸人にもやはりルーツや系統のようなものが存在する、
バカリズムがそれらをまったく引き継いでいない
特別な場所にいると言っているのではない。
それらを引き継ぎながらも、
バカリズムという存在が新しく切り開いた
お笑いの地平が存在するということが凄い。

バカリズムファンの方が見たら何を今さら、ということかもしれないが、
想像していたよりも遥かにレベルが高かったので驚愕した。

正直、音楽ファンとしてはライブごとの、
コンセプトにそって作られた音楽のレベルの高さについては、
音楽レビューの方に感想を書いてもいいくらいに驚かされた。

まだ見ていないDVDもあるので、早急にレンタルか購入せねば…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。