スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『正気の沙汰』とかの沙汰って何?

はい。
久々に妄想調書のコーナーをやりたいと思います。
作ったはいいが約一年ほど放置だったのでw

Twitterでこのひとつ前の日記のことを「狂気の沙汰」と表現した時にふと、

『沙汰』ってなんですのん?
ということになりまして。

このコーナーは「知らない」という貴重な状態に対して、
それでも「知りたい」と望んでしまう愚かな僕の為に。
気になった事や言葉を調べる前に妄想で勝手に楽しんでしまおうという。
ザックリ言うとそんな企画です。

さて『沙汰』ですが、案外気にしてませんが普段から使う機会は結構多いです。
「表沙汰になる」とか。
「正気の沙汰とは思えない」とか。
「刃傷沙汰だーー!!」とか。(これ普段から使う奴は完全に時代に取り残されてるよ。)

なんとなく字的には仏教用語っぽい気がする。

ではまず字の方から考えてみるか。
意味から考えた方が早いんじゃ?と思ったあなた。
いささか性急すぎますよ。
そんなんじゃ早漏といわれてしまい候。

いささか?
「些か」…
なんとなく次の妄想調書のネタもできた気もしますが、
意味を「なんとなく」では分かったつもりになってるってのが肝だな。
人間なんて大体「なんとなく」理解して生きてるだけからね。
でもなんで「いささか」って言うんだろう。

慣用句的になってるものもそうだけど、
意識しないと何故そういう風に言ってるのか気づかないよね。
今度までに妄想しておきます。

下書きなんてしないから書いてるうちに、
次のネタを見つけたりすることもあるんだなぁ。

しかもゴール決めて走らないのでこの記事アップできるかどうかわかんない。
ある種のスリル。
気合い入れて記事書かないとボツになってしまう。

さて、『沙汰』に戻ろう。

「沙」と「汰」、どっちも三水偏がついている。
三水偏を除くと「少」と「太」で対比的な作りにはなってるんだな。
三水偏がついてるってことに何か意味はあるのかな。

「少」と「太」は「小」と「大」に一画ずつ足した字だ。
対比項的には「少」と「多」になりそうなもんだが、
字だけをとれば「少」と「太」は立派に対比されている。
昔は「太い」というのを「多い」と同じ意味合いで使っていたのかな…
知識が足りないのが悔しいね。

つまり字の意味としては
「あんなことからこんなことまで、ついでにこんなことも!」。
みたいな意味なのかな。
「ついでに~」の部分が一画足されている部分です。
しかし三水偏は一体なんなのだろう。

ここらで煮詰まったのでようやく意味から考える方に行きましょう。
(※ようやく[漸く]という言葉にも引っかかったのでまたいつかw)

「表沙汰」や「正気の沙汰」や「刃傷沙汰」。
こうして並べて見ると状態や状況を表すような言葉のような気がする。

しかもあまり良い意味では使われていない感じ。
三水偏が使われている理由もその辺りかな。

「状況」や「状態」を包括したような言葉ともとれる。
「状況」と表現する場合でも使えて、「状態」と表現する場合にも使えるような。
意味が重なったような言葉なのかな。

それと俯瞰的な視点の時に使うよね。
自分に対してはあまり使わない言葉だと思うんだよなぁ。

何らかの状態や状況が発生している当事者と、
その周囲の存在がいるとすれば周囲側が言葉の当事者になっている。

「表沙汰になる」は「隠していた状況が周知される」という意味だろう。
「正気の沙汰じゃない」は「正常な状態ではない」という意味だろう。
「刃傷沙汰だーー!」は「刺された状況が発生したぞーー!」という意味だろう。

やはりあまり良い意味合いの時には使われておらず、
当事者ではなく周囲側から見た距離感のある言葉になっている気がする。

妄想結果:『沙汰』とは状況や状態を俯瞰的に表現する為の言葉である。

さて。
これでようやく調べられるw

日本語って「なんとなく」の意味だけとれれば会話は成立するんだなぁ。
まったく知らないのに知ったつもりになっていることが多すぎる。

検索中。

goo辞書の検索結果へ行く

まず大前提として名詞としての沙汰は、
「沙」は砂、「汰」は選び分ける意。水中でゆすって、砂を捨て米や砂金を選び分ける意
という意味だったんだね。知らなかった。
三水偏がついていたのはこれが理由か。

検索結果の方から全て引用すると問題もあると思うので、
気になる方は検索結果の方へ行ってもらうとして。

『沙汰』。
いくらなんでも意味多すぎるでしょw
ある種「あんなことからこんなことまで、ついでにこんなことも!」は正解w

俺が妄想してたのはgoo辞書でいうと大きく分けて二つ目の項目の部分くらいですね。
そちらはあながち間違いでもなかったということが分かりましたが、
厳密に言うとぜんぜん違いますね。
それに沙汰は仏教用語ではなさそうですね~。
「音沙汰」とかを思い出せなかったのが悔しい。

やっぱり知らないっていうのは貴重な状態。
間違っていても考えるってのは悪いことじゃないと思います。
気になったことはすぐに調べずに、まず自分なりに考えてみる。
それから一般的な意味を調べれば経験値は二倍だ。

そういや「なんとなく」って言葉も「なんとなく」理解してるよなぁ。

また気が向けば、
というか気になれば妄想調書のコーナーで取り上げたいと思います。
一向に記事にならないなと思ったらボツったと思ってくださいw

実はこのコーナーのみならず、
オチを決めずに記事書く癖のせいでボツになっている記事が山のようにありますw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。