スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんねるず

ふと気付いたことがある。
そうだった。
思い出した。

俺は「とんねるず」が大好きだったのだ。
けれど今のとんねるずをお笑い芸人としては俺は見ることができない。
個々に一流の司会者やタレントではあれど、
テレビの中でコンビのお笑い芸人として勝負しているようには見えない。

それは彼らを活かすテレビ番組がないからだとか、
時代がそれを難しくさせているからだとかいう理由なのかもしれない。

けれど俺は好きだったのだ。
少年時代、彼らのお笑い番組を愛してやまなかった。
『生ダラ』や『みなさんのおかげです』を毎週楽しみにしていた。
その破天荒さやテレビ芸やコントが好きだった。

それらの面白さは確かに記憶に残っている。
『生ダラ』ではアナウンサーの福澤氏までもがスターになった。
北島三郎宅におしかけて勝手に酒飲んで無茶苦茶したり。
天然の輪島兄弟にスポットを当てたり。
海外ロケでマラガの海のおくりものボブ市川に闘牛をやらせたり。
定岡正二を上手くつかったり。
何より、スターにしきのという面白い存在を見出したのも生ダラだ。

けれど途中から企画が息切れしはじめて、完全に番組の勢いが失速した。
同時期に「みなさんのおかげです」も一度終了することになる。

普通に考えれば当然だ。

コント番組を長年続けることは基本的に不可能だ。
特にとんねるずのように
キャラクターコントのシリーズ物を得意とする場合。
前回のコントと同じことをする訳にはいかないが、
求められているものは同じキャラクターの違う面白さであり、
これを長年続けるというのは消耗の激しさが尋常ではない。
ゲストを入れたりしながら微妙な変化や化学反応を待つしかなくなるだろう。

休息は必要だろう。

しかし。
もうそろそろ、とんねるずの本気をまたテレビで見たい。
いつの頃からか長者番付には顔を出すが、
とんねるずの爆発的な笑いがテレビから飛び出すことが少なくなった。

とんねるずにしか作れない笑いの形というのは確実に存在するのに。

仲が悪いとかって話も聞くし、
ネタをまるで作らなくなったのは何か理由があるのかもしれないが。

それでも、もう一度とんねるずで爆笑したいなぁ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。