スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「FUJIWARA」を巡るお笑い個人史

さて、今日は少し久しぶりにお笑いの話をしたいと思う。
けれど最初に断っておきたいのは、
俺は決してお笑いを評論できるほどのお笑い力をもってはいない。

それは、俺がお笑いが好きすぎて、
あまりブログでは記事にできないことから推察してほしい。
お笑いのことを語りだすと饒舌になりすぎるし、
自分でも制御できない熱量が
溢れんばかりの想いとなってキータッチを止まらせなくする。

そしてお笑いを語るときにどうしても、
アウトラインのような「お笑い論」を素人の自分が書いてしまう、
その傲慢さが芸人さんに対する冒涜になってしまうような気がして。
あまりお笑い関係の話題をブログで書きにくくなってしまったということもある。

例えは、ある芸人さんの事を好きだと言いたいだけでも、
あれやこれやと言葉を尽くしてしまう。
しかし本来、お笑いというのは
そういった視線で見られない方がいいと俺は考えている。
特に俺みたいなのを含む素人には。

今日、少し話題にしたいのは「FUJIWARA」のお二人だ。
今でこそ「元天然素材」という枠から出てきたベテラン若手芸人という、
独自のポジションを獲得した「FUJIWARA」。

ここからは俺の個人史になってしまうが、
当時の俺にとって「FUJIWARA」はどう映っていたか。

「FUJIWARA」はかなり大変だったはずだ。
「千原兄弟」を筆頭とする関西若手芸人が作り出した、
異様な空気の中に突然帰ってきた時はキツかっただろう。

若い俺は「FUJIWARA」の笑いを知らなかったし、
正直な所いわゆる都落ちした芸人が出戻りでデカイ顔してんじゃねーよと思っていた。
今ならデカイ顔をしているんじゃなくて、
フジモンの顔がデカイから
デカイ顔をしているように錯覚してしまったのだろうと思えるのだが。

そして時代の流れというのか、
いわゆる「ダウンタウンのごっつええ感じ」が全盛期で、
そこにナインティナインが勢いをつけてきた頃に、
元天然素材芸人vsダウンタウンのような構造が感覚としてあって、
ダウンタウンのセンスにやられていた少年だった俺には、
ナインティナインやFUJIWARAのような動きの笑いというのに、
少し抵抗感を感じていたのだ。
これはすぐ後にも書くが、実はお笑い好きの一部の
人間がなりやすい一種の病気のようなものなのではないか。

こうした感覚は、おそらくはドリフにカトちゃんが全盛期でいた頃に、
志村けんというまったく新しい才能が登場したときに起こった、
言わば「はしか」のような感覚現象の一端だと捉えればいいのではないか。

つまりそれが当時の俺のような人間にとっては、
「千原兄弟」と「FUJIWARA」の関係であり、
「ダウンタウン」と「ナインティナイン」の関係だったのだ。

なぜだか当時の若いお笑い好きの中では千原兄弟は、
ダウンタウンの意思を継ぐ流れの芸人だという認識があった。
当然それは2丁目劇場を再隆盛させたダウンタウンの再来、
という触れ込みで千原兄弟が関西で認知されはじめたからということもある。

しかし、それは今になって感じるのは、
自分の観点から見た「面白い現象」を作品へと変化させ、
冴えたセンスとパッケージ力によってあらゆることをネタにしてしまう部分。
ここの部分が松本人志と千原ジュニアという人に
共通してあるお笑い観なのかなと思ったりもするのだ。

そして若かった当時の俺は冴えたセンス、
飛びぬけた発想が作品になっているという衝撃に一発でやれれた。
自分の知らない世界、つまり感覚観というものが世界にはあると教えられた。

そのセンスにやられてしまうと、
「FUJIWARA」やいわゆる元天然素材芸人がやっている、
動きの笑いというものを幼稚だととらえてしまうようになってしまう。
しかしそれは間違いで。
「誰でも分かるおもしろいもの」を作品にしようとしていたのだと
自分が年齢を重ねてくればそれが分かるのだ。

そうすると「FUJIWARA」というコンビが挑もうとしている、
お笑いのポジションというのは非常にソリッドな場所なのだということが分かる。
原西さんのギャグは自分に対するハードルをより高く、高く持っていこうとする。
空気を作りさらにギャグに対するハードルをあげて、
「力技でそのハードルをねじ伏せていく」というスタンスを取り続けている。
「FUJIWARA」といえば柔か剛といえば「剛」の芸だと思われるだろう。
それは間違ってはいないが、その剛とはただゴツゴツとしただけのものではなく、
「剛柔一体」とでも言うべき鋭利な剛の技なのだ。
匠の業といってもはばかることのない芸の力なのだ。

当然、俺がFUJIWARAのことを良く思っていなかった時代にも、
FUJIWARAは今と同じスタンスで戦い続けていた。
「吉本超合金」→「吉本超合金F」というFUJIWARAがメインの番組があった。
ただ惜しむらくは俺の住む奈良の地域では、
テレビ大阪は見ることができなかった。
という若干の大阪人に対する嫉妬と共にFUJIWARAを敬遠していたという、
どうでもいい俺の個人的なローカル観を挟んでおこうと思う。

しかしもし超合金を見れていても、
当時の捻くれたものの見方を覚えた俺は小生意気にも、
恐らくFUJIWARAを批判してしまっていただろうなと思う。

しかしようやく俺も年をとり、
「FUJIWARA」の魅力の虜になりはじめている。
フジモンと原西という超強力な個性二人が、
抜群のコンビの相性を持っているというあたりにも感動を覚える。

フジモンの芸人として鍛え上げられた芸人力を、
テレビ芸として洗練させる瞬発力というのは素晴らしく、
一気に空気を掴む力を持っている。
そして原西もギャグや動きだけじゃなくトークもこなす、
しなやかな力を持った絶妙のバイプレイヤーだということが分かってくる。

そしてここで重要になるのが「雨上がり決死隊」の存在だ。
元天然素材芸人の中で最も「ダウンタウン」と距離を縮めたのは、
「雨上がり」でありそこから「ほっしゃん。」や「宮川大輔」といった、
ある一定の時期からの関西の若い世代はあまり知らなかった存在が
松本人志の交流から少しずつ認知度を上げていき、
俺のなかでは元天然素材といえば
「ナイナイ」「雨上がり」くらいが生き残り組だという認識だったのが、
「FUJIWARA」「チュパチャップス」という二組が現れてきて、
残るは「へびいちご」くらいになってしまっていた。

もちろん「バッファロー」は大好きだった。
しかし俺にとって難しいのは「バッファロー」は明らかに、
元天然素材である前に「バッファロー吾朗」という特殊な存在だったのだ。

個人的に「雨上がり決死隊」という存在が、
今のお笑い業界に対して残した業績というのは
図り知れないものがあると思っている。

当時の感覚としては、
ダウンタウンに認められてようやく全国区。
みたいな感覚が恐らく誰しもが持っていた感覚で。
雨上がりも当然その中から這い上がり、
今のポジションを勝ち取っていったのだ。

そして今の雨上がりは「アメトーーク」という番組で、
より強固に後輩をバックアップし続けている。
自分たちも戦いながら
後輩たちも一緒に面白いことを面白いとやりつづけよう。
という姿勢は「雨上がり決死隊」というコンビに貫かれた基本理念だろう。

人を笑わせたり喜ばせたりすることに喜びを感じる。
そうした基本的な精神構造を芸人というのはほとんどが持っている。
もちろん中には職業的に人を笑わせている人たちも沢山いるが、
芸人さんたちの中に貫かれる基本姿勢は
相手が笑って自分も笑っていられるような世界を求めているということだ。

何もはばからずに言えば、
その営みは世界中のどの宗教よりも、
素直に世界を謳歌する方法の体現者だろうと思っている。

それを言葉で語ってしまうことを、無粋というのだろうが。
たまには吐き出さないと我慢できなくなっちゃうから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。