スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の虫。

今日は息抜きの日。
溜まっていたマンガを沢山読むのだ。

これまで34巻で止まっていたハーメルンのバイオリン弾きも
Amazonで最終巻まで購入したのを先ほど読み終えた。
懐かしくもあるが、ラストは知らなかったので感動した。
続編のシェルクンチクも買わねばなぁ。

てかハーメルンって34巻以降って初版くらいしか刷られてないから、
古本屋で見つけるのは至難の技なんだよな。
この前、橿原の開放倉庫でセットで発見したが、
さすがに34巻まで持っているものに5000円は払えなかった。
37巻はAmazonのマーケットプレイスでもプレミア価格で1000円くらいした。
まあ、コレクションが充実したと思えば良いか。

積み本になっていたマンガも少しずつ消化しはじめている。
安永知澄のステップ・バイ・ステップ上下巻も読んだ。
片岡人生・近藤一馬のデッドマン・ワンダーランドも5巻まで読んだし、
里見蘭・槇えびしのDOLL STARも2巻まで読んだ。
6月中に読んだマンガの感想はまた7月の頭くらいにまとめて書こう。

今現在、溜まっているのは
黒田硫黄の「茄子」下巻。
黒娜さかきの「猫もっちり」。
小田ひで次の「拡散」上下巻。
浅田弘幸の「テガミバチ」7巻。
外海良基の「ダウト」1~3巻。
いましろたかしの「デメキング完結版」。
南Q太の「ゆらゆら」。
中山昌亮の「不安の種」全3巻
ぐらいか。

今日中に半分か1/3位は消化できるだろう。

それに新しく上遠野浩平の「酸素は鏡に映らない」も買ってしまった。
これで恐らく書籍化されている上遠野作品は全て網羅した。
ハードカバーは読みにくくてあまり好きじゃないのだが、
もうそんなことを言っている場合でもなくなった。
読みたくて仕方ない。
これはもうある種の病気だなぁ。

以前にも増してビブリオマニア具合が酷くなっている気がする。
青空文庫でもたまに読んだりしているものなあ。
知識欲といえば聞こえは良いが、
言い換えれば、ただの欲望だからね。
それに歯止めがきかなくなってきてる感じ。

マンガ喫茶では我慢できないんだよなあ…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。