スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹というブランド

村上春樹が売れている。
売れているなあ。

もはや村上春樹はブランド化してしまったのかもしれない。
いや、とっくにそうだったのかもしれないけれど。
読みやすい文章によって読む者を全て受け入れてしまうし。
もちろん、大した意図もなく読みにくいだけの文章で書いている作家などは大嫌いだが。
それに彼の書く作品は純文学やサブカルチャー的なものを感じさせるし、
多くの人を取り込む要素は存分に込められていると思う。

そして作品の質も高く、
頭の中で何度も反芻しやすい構造美によって構築される物語がある。
それによって受け手の中で深みが増していくことになる。

個人的には特別、好きな作家でも嫌いな作家でもない。
いや。
どちらかといえば好きなタイプの作家なのだろう。
純文学を気取ったような文体や、
象徴するものがあからさまな分かりやすさも、
印象を残すからこそ意味があると思えば嫌いではない。

特別に好きな訳でもないのだけど。

しかし今のような評価の受け方をする「村上春樹」というブランドは嫌いだ。

エルサレム章を貰った際の現地でのスピーチなど、
センセーショナルな出来事が彼を取り巻いた。
事実、彼が現地にまで行って彼自身の言葉で、
彼自身が直接話したという事実は素晴らしいことだ。

しかし。
俺にはどうしても、そのことが村上春樹を遠ざける。
「村上春樹」という人の作品や本人自体ではなく、
彼を取り巻くこの日本の状況が嫌なのかもしれない。
だから新作を買いたいと思わせないのかもしれない。

とかく、人というものは話題性というものに飛びつきやすい。
皆が知っていることを自分だけが知らないのが嫌なのか。
流行っているからという理由だけで手に取るのか。
ただの興味本位なのか。
それらの精神構造は俺には良く理解できない。

奇しくも「1Q84」は俺の生まれた年である1984年を、
こうであったかもしれない過去という視点で書かれた作品だそうだ。
うん。
読んでみるのもいいかもしれない。
気にはなる。

けれどいつの時代でも、
ベストセラーになるきっかけは実力ではなく。
話題性でしかありえないのかと思うと、
小説というジャンルは少し寂しい気がする。

実力なんてものが本当に評価される必要があるのかと言えば。
それは別に本当はどうでもいいことなのかもしれないけれど。
ブランド品というものに対して苦手意識のある俺は、
今の村上春樹を手に取ることが少し恥ずかしくもあるのだ。
子供っぽい感情かもしれないけれど、
再び素直に村上春樹を読めるようになるまでは、
少し時間が必要だろうなあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

相互リンクお願い

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/writer/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/writer/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
Gl2LQAtj

相互登録させもらいましたので、こちらもリンクに追加させてもらいますねー。
ではでは。
自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。