スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日があたりまえに来る世界は奇跡だ

ここ最近の疲れが出たのか今日は二度ほど意識がなくなった。

と言っても突然という訳ではないが、
最近は部屋の電気がついたまま知らない間に寝てしまっていることが多い。

だけど色々なしがらみの中で自分の時間を確保しようとすると、
やはり眠る時間を削るのが一番手っ取り早い。
でもそれは若いうちにしか出来ないのだろうなということに
最近になって気づいて、今は色々と焦っている。

というか最終的に楽をする為に頑張ってるんだもんなあ。
そりゃ仕方ない。
道を一本に絞れなかったのは俺だ。
すべてに連なるきっかけを掴んでおかなくては、
次善の策が打てなくなる。

それに自分が信じることやれてるってのは幸せなことだな。

今日は映像編集の勉強をしてました。
まだまだ全然わかりませぬ。
近いうちに本でも買って勉強しよう。

今から「そろばん」と「絵の練習」に入ります。
終わったら筋トレでもするか。
身体を動かすと脳内からやる気の素みたいなのが出るらしい。
最近色々と頑張れているのはそのおかげかもなあ。

その間の時間も無駄にはしたくないので、
頭の中で新曲になりそうなイメージをこねくり回す。

うむむ。
何かありそうなんだけど、まだ違う。
つかめそうでつかめない。
それを最終的に言葉におとしこむ為には
絶対に頭で考えちゃいけない。
雲を掴むには空ごと心に持ってこなければいけない。
それを空っぽが言葉にしてくれる。

さて、受けた仕事も早急に片付けなくてはならんし。

やはり積み本のごとく、
自分の中で何かが山積しているのは間違いないなあ。

しかし今の俺があれこれ何かに手をつけてるってことは、
それらが後々、自分にとって必要な要素になってくるのは間違いないだろうし。
というよりも、それを活かす人生に自分を連れて行ってやらなくてはならない。

今年の頭のほうに感じていた、
いつまで生きられるのか分からないという焦燥感のようなものの原因は、
恐らくは4月に親父が死にかけて、その看病ノイローゼで自殺しかけたことだろう。
本能か運命かはしらないが、それを感知していたのかもなあ。

親父も俺も、なんとかそれを乗り越えて、
今は生きている。
生きている間は頑張らないとな。

今感じている焦燥感は今年の頭くらいに感じていたものとは種類の違うものだ。
生きていくことを前提として焦っている。
俺はまだまだできる。
先へ行ける。

終わったらそれまでの人生だ。
割り切ってしまえば世界には可能性しかない。
不安は可能性の裏返しだった。
「自分」と「不安」と「可能性」は同義語だったのだ。

生きているものだけが謳歌できる全てを、
俺が失った人へも返せたらなあ。
それは次の人生でのお役目かもしれないな。
じゃあその為の準備はこの人生の間にしておくべきだろう。

よし!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。