スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「相克渦動励振原理」とは?

※ネタバレ注意!!
以下は上遠野浩平作品の全てに対する個人的な推論であり、
さらには推論を立てるためにネタバレになるような内容を
記さざるを得ないが故に、
これから上遠野作品を読もうと思っている人には
読むことをまったくお勧めいたしません。
さらに書いている俺の記憶が曖昧な部分もある為に、
推論には破綻や矛盾が多く含まれている可能性が多大にあります。
ご理解の上で読まれますようによろしくお願い致します。


「相克渦動励振原理」

これは上遠野浩平の作品である
ナイトウォッチ三部作の世界に登場する言葉である。
この原理について読者が明確に理解できるような説明は、
作品の内部では成されていないので、
読者は、まず「なんとなく」そういう原理があるのだなという事を理解する。

そして後は推論で埋めていくしかないのだが。

上遠野の様々な作品を読めば読むほど、
この相克渦動励振原理という言葉が
上遠野作品のリンケージ要素にとって
如何に重要なのかを考えさせられる。

そこまで考えていくと、
上遠野が使う様々な暗喩的なキーワードへの、
一面的な理解を促してくれるのではないかということに気づく。

ブギーポップの2作目「VSイマジネーター」において、
霧間誠一がイマジネーターという言葉で定義した、
「人は『かくあらねばならない』と思い込ませている何か」。
知らず知らずの間に人が依存してしまっているもの。
という理解の仕方でも良いのかもしれない。

その霧間誠一の本を読んだ人間は、
「何か」の戒めから解き放たれ”突破”する可能性があるとされ、
最終的には霧間誠一はある組織によって殺されることとなる。

水乃星 透子という少女は人の死が見える、
ストレンジデイズという能力を有する。

彼女は”突破”する可能性を持った存在を見抜く存在として描かれるが、
それとは正反対に他者を縛る存在としても描かれる。
ゆえに「水乃星 透子」の性質は、
他者を”突破”させる作品を提示する「霧間誠一」の性質と非常に似ていると言える。
似ているとは同じという意味ではない。
霧間誠一はイマジネーターとの対峙を決意し、
水乃星透子はイマジネーターであった。
彼らは”突破”という共通の認識に違う形で挑んだのだ。

ソウルドロップシリーズにおいては「みなもと雫」がそれにあたる。
そして全員に共通しているのが、
これらの作品世界においてそれぞれがすでに死亡しているということだ。
さらに言えば死してなお世界に影響を残している。

これまた読者は”突破”という言葉に対しては、
「なんとなく」理解したつもりになって作品を読み進めるしかなく、
それが一体どういう現象を指すのかという具体性は示されない。

しかし、だからこそ読者は自分の現実に照らし合わせて、
”突破”するということはどういうことか、ということを考えることもできる。
何かに「捉われない」状態になるという解釈をすることもできる。

作品的に言えば最後は投身自殺によって何かを”突破”した水乃星 透子が
以降、作品世界の垣根である時間や空間を越えて登場することから、
水乃星が「相克渦動励振原理」の原則から外れた存在になった、
つまり真に”突破”した存在になったという論理的な解釈をすることもできる。

ナイトウォッチ三部作では「相克渦動励振原理」とは、
世界は常に流動的で時間の流れは不可逆のものである。
ということを示すものであり、
同時に「時間」という概念を曖昧にしてしまうものでもある。

何故「相克渦動励振原理」をそう捉えることができるのかについて。
ナイトウォッチ三部作においての時空切断航法が推測の基点となる。
時間とは渦のようなもので内部に向かえば向かうほど加速させることはできても、
その渦を逆流するというようなことは不可能であるはずだ。
という推論が成り立つ。

そして「相克渦動励振原理」の原則に捉われない存在、
というのはこれはもうナイトウォッチ三部作においては、
「虚空牙」と呼ばれる存在以外にはいない訳で。
水乃星は人間から虚空牙という存在に限りなく近い存在になったと考えられる。

しかし上遠野作品において「虚空牙」という存在の定義は、
恐らくは「鏡」もしくは「反響」に近い存在であり、
人の持つ『心』や『価値』についての興味による研究者である、
という風に捉えておいて良いだろう。

初作「ブギーポップは笑わない」において登場する
エコーズという存在は人を観察し、自らが得た「反響」によって、
人類に対する判断は保留するべきであると本隊に報告した存在である。

またソウルドロップシリーズに登場するペイパーカットは、
見る人間によって姿形が異なって見えるが、
意思を持つ人間には髪の色が銀色に見え、
銀色は「鏡」に近い性質の色であると定義している。
これはペイパーカットが上遠野の作品世界において、
人間が後に「虚空牙」と呼ぶことになる存在の性質に類似している。

ナイトウォッチシリーズに置いても、
「虚空牙」という存在は明らかに人類を研究し、
どのように判断すればよいのかという材料として見ている節がある。

相克渦動励振原理という言葉を、
言葉から考えてみる。

世界は現象という励振によって相克し、
大きく渦動していくという意味合いの言葉であると考えられるのではないか?

つまり大昔の出来事が現在の状況に影響を及ぼすのと同じように、
様々な世界の出来事が、
異なる世界や時間にも影響を及ぼすかもしれないということだ。

大きな渦の二重螺旋のようなものなのかもしれない。
それぞれが破綻を補い合いながら現象という励振により影響を与え合う。

事件シリーズに登場するリ・カーズとオリセ・クォルトという魔女二人の対立構造は、
ヴァルプルギスとアルケスティスという魔女二人の対立構造に似ているが、
それでも象徴されるべき色合いや存在がちぐはぐになっているように感じられる。
しかしリ・カーズとオリセ・クォルトの対立構造が、
別世界における冥加暦と霧間凪に影響を及ぼしていることは疑いの余地がない。

それは互いの世界が
「相克渦動励振原理」の影響下にある世界である為ではないか。
そして原理というのは確かに存在するが、
その原理原則の外の存在というのも世界には確かにある。
ということを示すための存在が虚空牙なのであろう。

リ・カーズは紫骸城をオリセとの決戦の為に造ったが
そこで得られるエネルギーがオリセとの戦いにおいては不足であることを知っている。
つまり紫骸城は決戦兵器として作られた訳ではなく、
リ・カーズとオリセの長い戦いの為に必要な、
”突破”する為のエネルギーを供給し続ける拠点であると考えられないか?

全ての世界は夢のような現実によって繋がりあっており、
人は現実のような夢を見ているのではないか。
という哲学的懐疑論に行き着き、
さらにその哲学的な懐疑論を前提に、
各々の世界や時間を繋ぐための原理として
「相克渦動励振原理」というのは見つけられたのではないだろうか。
上遠野浩平という感覚言語発見者によって。

さらに言えば、これらは圧倒的に立体感のある
上遠野作品におけるほんの表層部分にしか過ぎず、
しかし核心をつくに足りうる一面も備えているという多面性がある。

もはや上遠野の脳内の異なるベクトルの作品同士の
リンケージ能力と言語化能力には舌を巻く以外にない。

ナイトウォッチシリーズに置いて、
工藤兵吾が人類史上最強の戦士であると定義付けられたのは、
「虚空牙」と戦うことができるからではなく、
全てが途中のままで終わっていくということに対して、
何の躊躇いもなく先へと進んでいける意思の強さに対してである。

これはまさしく「上遠野浩平」という人間の性質に近いと思われる。

自らの中にある多面性を、
作品によって表現し、それらを記号化し、
表現していくということは全て
人生の途中を表現していくということであり、
それは人間が常日頃から行っていることな訳だ。

多くの人がそれに気づいていないけれど。

過去も未来も「今」という途中においては、
何らかの影響を及ぼす可能性にしか過ぎず、
人はその中で必死にもがき何かと戦いつづけなければならない。
というこれはもう疑いを差し挟む余地のない、
厳然たる事実を記号化し、暗喩的に表現している訳だ。

繋がるのだから繋げるしかなくて、
繋がったからといって、矛盾を孕んでいない訳もない。
なぜなら世界とは絶対的に矛盾だらけでの場所であって、
混沌と秩序は同質のものであるからだ。

「虚空」に「我」あり。
故に「虚空我」。
人の事を知りたいと思うのは、
常に人ではないのかなあとか思ったりするよね。

虚空に我を見たものが死した時、
それは虚空牙となるのではないのか。
得てしてそういう人間は、
常に何かを視つづけていたいと望むものだ。

「相克渦動励振原理」って多分そういうもんじゃないのかなあ。

まあ間違ってるかもしれないけど、
読めば読むほど解釈が広がるってのも嬉しいもんだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。