スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺が影響を受けた人物シリーズ Vol.2

以前に書いてから、かなりの期間が開いたので、
そろそろ次の影響を受けた人たちを書いてみよう。

大槻ケンヂ
俺にとっての大槻ケンヂ元年は2007年の末頃だ。
そして2008年は筋肉少女帯や特撮といった音楽活動、
エッセイや小説といった文学活動を追いかける年となったのだ。
ポンコツの為のポンコツによる本物の音楽。
本物の周囲には本物が集まる。
たとえ社会的に見てポンコツであろうが、
人間としての本物がそこにあるのだ。
大槻ケンヂほどの啓蒙家はあまりいない。
文学少年でUFOマニアでコンプレックスを抱えまくった人。
そんなポンコツがそれでも社会と関わって生きていく為に、
あらゆる方角から球を投げる。
全力投球で。
自分に出来る限りの表現で。
自らの人生を表現に捧げきるかのような精神力。
音楽と融和する言葉の力を改めて教えられた。

松本人志
俺にお笑いの素晴らしさを教えてくれた人だ。
面白いという価値観が人が生きていく為の原動力になるのだと、
あらゆる表現で教えてもらった。
この人は苦悩の人だと思う。
自分の中の新しい領域に突っ込もうとすれば、
表現として伝わりきらない部分も出てくるし、
失敗することだって沢山ある。
それでも逃げない。
状況や精神状態が作品を作らせないことはあったかもしれない。
しかし常に面白いことの中に彼はいた。
そうありたいと望んでいたからだ。
年齢的にも今では決して若い人ではない。
それでもお笑いの第一線から退こうとしない。
それは頂上であぐらをかいているということではない。
自分ができる自分なりの戦い方で、
常に最大限の暗中模索を繰り返し続けてきた。
それが如何に大変で圧倒的なパワーを要するのか、
想像するだけで気が遠くなる。
多くの芸人が目標とする地点にいながら、
さらに上を見続け、新しいことを探し続けるというのは尋常ではない。
人気者というベールに包まれているから、
彼の笑いへの取り組みに対する評価が
追いついていないことに多くの人が気づいていない。
富や名声を手に入れてもなお、
新しい領域に飛び込む勇気と、そのプレッシャーというのは、
普通の人間には想像もできないようなレベルのものだと思うのだ。
当然、その実は人並みに怖がりな普通の人間なのだから、
才能があるからといって何も怖くない訳がない。
だが逃げない。
人間とはこうありたいものだ。

上遠野浩平
ライトノベルの先駆者と言っても差し支えないと思うが、
彼もまた世間の評価の上を行く表現者の一人だ。
文章による表現にマンガ的な記号性を持ち込み、
ジャンルに捉われることなく自己内観を表現し続ける。
上遠野浩平が言語化する際に選ぶ言葉には、
あからさまな記号性と、不明瞭な暗喩性がある。
言葉で語ってしまってはならないものがある。
だからこそ、言葉を使ってそれを表現しようとする。
上遠野浩平という人間が本当に表現したい領域に、
恐らく世間はまだ追いつけてはいない。
そして上遠野浩平自身も言葉で表現しきれないものを、
どのようにすれば作品にできるのかということを、
あらゆる方向から探り続けている。
その探索の途中の作品であろうが、
短編としての作品性を持たせながら常に書き続けている。
その分量と質量。
そして後世に与えるであろう影響は計り知れない。
彼もまた、先のそのまた先を見据え続けている人だと思う。
品質と分量をキープするということは、本来は不可能なのだ。
特にシリーズものと呼ばれる作品ではそれが特に厳しくなる。
インフレを起こし始める展開にならないような
絶妙なバランス感覚が必要になる。
その為のバランス感覚の肝がキャラクターのインフレであり、
異なるジャンルのシリーズ作品のインフレなのだ。
それぞれの作品のジャンルは違えど、
彼が伝えようとしていることはいつだって、
自分自身の中にある価値観や概念の手前のものだと思うのだ。
そしてそれを表現してしまえる記号と言葉の使い方の上手さ。
作品のリンケージ要素によって、あらゆる奥行きを表現し、
骨格にあるものを浮き彫りにしていこうとする姿勢。
まさしくプロのお仕事であります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。