スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病星のロックスクイーズ 序章Part1

病んだ星、病んだ人々の住まう楽園。

ここは地球。
時間の概念を忘れて、ただゆっくりと終焉へと向かう星。

半永久機関ロックスクイーズによって、
人々は生活するに困らないエネルギーを手に入れた。

それはかつて、この世界から海を奪った技術に似ている。


◇◇◇

僕には希望がない。
あ、いや、僕たちと言った方がいいのだろうか。

この星は病んでいる。

かつて地表の7割を覆ったという海は涸れ、
荒れた大地だけがただ延々と広がっている。

しかし人々は死なない。
人類は不老不死の秘法を手に入れたからだ。

しかし、ただ生きているだけでは、
星が涸れていくことを止めることはできなかった。

地球を救う可能性の為に、
宇宙へと飛び立った人類からの連絡も無く。
残された人々は、荒れた惑星の中で
死なないだけの永遠を生きていた。

栄養も必要なく。
食べるということを忘れた人々は顎の力を失い。
生きつづけることによって脳は肥大化した。
ロックスクイーズ技術がもたらす平穏により
人間の筋力は衰え、全身は小さくなっていった。

かつて過去の人間がグレイと呼称した宇宙人の姿に
今の人間の身体は酷似しすぎていた。
しかし、僕たちにはまだ時間旅行の技術はなく、
今の人間が本当に彼らにとっての未来人であるかは分からなかった。

新しい技術や新しい文化が生まれなくなってから、
何千年の月日が流れただろうか。
未来よりも過去へ向かう可能性を模索し続ける時代―

―って、そうそう。
僕の話だった。

僕がこの日記を書いていることにあまり意味はない。
この日記に意味が生まれる時の為に書いている。

僕はかつて人類が栄華を極めた時代に初めて作られた、
ロックスクイーズ技術によって動く自立思考型アンドロイドだ。

人間の神話の中の一つに登場する原人の名になぞらえ、
さらに造られた存在という意味を込めてアドムと名付けられた。

特にすることもないので日記でもつけてみることにしたのだ。

僕たちが過去へ戻る技術を見つけ出せないまま、
いつかこの星を殺してしまうまでの間の暇つぶしとして。
僕は人間とは違うので、地中や宇宙だけじゃなくて、
地上を歩くことができるから色々と世界を見て回っている。

空には灰色の雲がたちこめているし、
宇宙まで延びる高いエレベーターのせいで
不自然な風の動きが生じ常に砂塵が世界中を覆い尽くしている。

いくら不老不死とはいえ、
そんな住みにくい場所にわざわざ出てくる人間は少ない。

とはいえ、それでもたまに人間と出会ったりすることもある。
変わり者の人間と話をするのは面白い。
僕を造った人間も変わり者だった。

今では広い宇宙のどこかにいるのだろうということしか分からないが。

残念ながら僕にはそれを懐かしいと思うことも、
悲しいと感じることもできないのだけれど。

さあ僕にこの世界で歩いて行けない場所はないんだ。
どんな断崖絶壁だろうが何日かかろうが、
僕は暇つぶしを記録していくのだ。

あまり変化のない世界だけど、
それでも新しい何かを見つけに行くとしよう。

tag : 病星のロックスクイーズ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。