スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出版不況

どの業界でもそうなのだろうが、
肥大化した組織というのは本当に傲慢になる。

例えば音楽。
レコード会社や権利団体の取り分と、
創作者の取り分のバランスは異常だ。
その他にも中間業者が入ったりするため、
結果的に消費者に届くまでに値段がつりあがる。

漫画もそうだ。
編集者の給料はいいが、漫画家の原稿料は驚くほど安いそうだ。
昔はその分のフォローを編集者がしていたという記事をどこかで読んだ。
その癖、出版業界は不況だなんだと喚きちらし。
さらにはその不況を打破するべき業界側の人間が集まった席で

「ぼくらが出会いたいのは本を読むという読者であって、
消費する人、消費者ではない。
郊外型の複合書店に並べられている本、こういう本を作っていて、
これが果たして出版文化といえるのか。
出版文化はどうなって行くのだろう」

夏目房之介氏のブログより抜粋)

という発言が出たそうだ。
これには夏目氏も苦言を呈していた。

郊外型複合書店は今や一般の人間にとっては無くてはならない存在だ。
それによって出版産業はなんとか支えられているのではないだろうか。

都心部などにあった小規模な書店は軒並みつぶれ始めている、
これは出版に対する消費者の需要が大きく変化したことを意味しているだろう。
その変化も読み取れず、
読み取ることができないから変化への対応もできない。
だから出版不況などという訳の分からない自体が起こる。

小さな書店でも続いているようなお店は、
その地域の特性と需要を敏感に察知して、
仕入れをコントロールしているタイプか、
もしくは書店の特色によって客を呼び込むタイプかに分かれる。
それ以外は郊外型複合書店タイプといっていいだろう。

コンテンツが増えるということは需要があるということであり、
その分の売り場面積が必要になるということである。
通常の書店よりも大きい売り場面積を誇る郊外型複合書店ですら、
現在では充分な蔵書数とは言えないだろう。
それは何故か?

消費者の需要が多様化しているからだ。

Amazonなどの書籍販売成績が良いのも、
上記のような理由からだろうと推測できる。
俺自身、地元の書店にないような本を手に入れることができるので
Amazonには非常にお世話になっている。

別にAmazonでなくてもアウル HON急便でもいいし、
ブックオフオンラインでもいいんだが。

その多様化した需要に対してツバを吐き、
「我々は本を読む人を求めている」
と言ってしまえるというのはどうなのだろう。

上手に供給が展開できれば、
相応の結果が出せるということはAmazonが証明したではないか。
消費のサイクルが早いからといって、
本を読んでいないと断ずるのは如何なものか。
中古書店が儲かっているのは何故なのか。
その辺りをしっかり考えて欲しいものだ。

さらにAmazonはKindleも販売して電子書籍の分野にまで手を出している。
他にも個人の自費出版サポートサービスも行っている。

これはAmazonが出版業界に参入してくるかもしれないということを示唆している。
このAmazonの新しい時代に向けた産業的な仕掛けに気づかず、
読者と消費者は違うなどと言っておると、
知らない間にあなたがたの仰る出版文化というのは完全に潰えることになる。
Amazonは途方も無い数の消費者を抱えているのだ。

本来ならば出版業界が足並みをそろえて、
オフィシャルの電子書籍リーダーのようなものを造るべきだった。
雑誌が売れないのなら出版社専用電子書籍リーダーを造り、
定額プランで毎週データがDLされるようにしたり。
ネットが使えない人は書店で保存できるようにすればいい。
例えば集英社用リーダーなら、
ジャンプ+ジャンプスクエアコース 月額1000円
といった風に本で買うよりも割安で提供すればいい。
流通や製本のことを気にしなくていい分、
出版社にも悪い話じゃないと思うんだが。

雑誌の売り上げが落ちていても、
やり方次第で雑誌への需要は回復できるはずだ。

コミックなどであれば、不正コピーされた時のことを考えて、
初期費用とは別に携帯電話の着メロ感覚で
簡単に対価を支払えるようなカンパシステムを構築するとか。
様々な方法を考えることができる。

しかし業界というのは常に既得権益を守ろうと必死なのだ。
その既得権益は先達が積み重ねて来た努力の結果であることを忘れているが。
自分達は当然のようにその既得権益のご相伴に預かれると思っている訳だ。

そんな業界が進歩するはずもない。
出版業界だけでなく、
これはあらゆる業界に対して言えることだ。

時代の変化に対応することをないがしろにして、
不況もなにもあったもんじゃない。
努力しなかった結果だろうが。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

出版不況

どの業界でもそうなのだろうが、肥大化した組織というのは本当に傲慢になる。例えば音楽。レコード会社や権利団体の取り分と、創作者の取り...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。