スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ちひしがれ師 非モテ男

最近、食いすぎてまた太りだしていたので、
私生活の気を引き締める意味でもジョギングでもしようと、
30分くらい走って帰ってきてから、見つけた記事の見出し。

「草食系男子」にかわるモテ男に「デブ男子」も人気上昇中

最近は草食系男子に続いて、
デブ男子なるものが人気なのだそうだ。

俺は最近は少し弛んでまた太り戻してはいるものの、
開始当初から考えれば30キロ近くのダイエットに成功した男だ。

このことごとく時代の潮流とは逆に走る自分の才能に感動している。

もともとモテる為にダイエットを始めた訳でもないが、
痩せたら「今はデブが人気だよ」と言われた元デブの切ないこと。

デブだった頃、
俺にはとても大きないくつかのコンプレックスがあった。

デブなのに寒がりなこと。
デブなのにさほど大食いでないこと。
デブなのに感想肌なこと。

特にデブなのに感想肌だというのは、
かなりナーバスな問題だった。
乳液を持っているのを友人にバレたくないから、
隠れて使っていた時期があるw

でもデブであるということ自体を
コンプレックスに思ったことはあまりなかったと思う。

あってもせいぜい中学生くらいまでだろう。
中学くらいのころは女子からの不人気が圧倒的だったし。
女子の目を必要以上に気にするのもこの年齢くらいまでだ。

高校くらいになると太っている程度で、
穿った評価を受けるということ自体がなくなる。
いや、あったのかもしれないが、
そういうことが気にならなくなってくる。

表層的な要素なんてものはレッテルに過ぎず、
それは最初の印象を決めることにこそなれ、
長く付き合っていく人間関係の中では、
何の意味もなさないのだという事が分かり始める。

世の中の人間関係のほとんどが、
その表層的な要素だけで回っているとしてもだ。

自分が思う人間関係の優先度を下げて、
他人と付き合うようになってしまうと、
恐らくはそうした関係がどんどんと広がってしまう気がする。

それは恋愛であろうが何であろうが同じことだ。

他人は他人。
俺もまた太ることもあるかもしれないが、
とにかくジョギングはもう暫く続けてみようと思う。

非モテ男の思考回路はひねくれちゃってるのかもしれないなぁ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。