fc2ブログ

呼吸が楽しくて嬉しくて仕方ない

個性とは何なのだろう。
表現とは何なのだろう。

昨日は中村の家で、自分の歌の問題点を再確認できた。

今までは自分の曲や詞を作り終えた時点で、
俺の中で第一段階の表現が終わってしまっていた。

内的直観を、あらわす。
これだけならば作ってしまった時点で終わりなのだ。

しかし、色んな楽器の呼吸が一つの音楽となった時に、
俺の声はその呼吸の中で不協和音へと変わる。

有無を言わせぬ個性もなく、
すべての呼吸に同調できるほどの協調性もない。

大切なのは呼吸だ。
全ての生命が同じように行っている呼吸という作業は、
それだけで他と同じであるのと同じに、
他の何物にも代わることのできない、
独創的な領域の営みであるのだろう。

独創とは独奏ではない。
それぞれが独創的な営みを当たり前に行っているからこそ、
世界は一つの壮大な和音を響かせる。

自然に、呼吸を。
揺るがない呼吸を。

俺の声が不協和音を奏でるのは、
歌おうとすればするほどに
多くのことを見失ってしまうからであろう。

空想という種を大地に撒き、
根を伸ばし、幹を肥やし、
葉を茂らせ天へと伸びる樹へとする為に。
そして、その樹に実りを現す為には、
全ての呼吸を感じ、
体内で昇華しなければならなかったのだ。
空を想い、天へと届くように。

受け止めるとはそういうことだ。
反射するとはそういうことだ。
感謝するとはそういうことだ。
吐き出すとは受け止めたということだ。
歌はなんて深いものだったんだろう。

恐らくは俺が歌うときに行っていた呼吸は、
正反対の位相のものであったのだろう。
普段は酸素を吸い、二酸化炭素を吐き出すが。
歌とは、その逆の領域のステージだったのかもしれない。

第二段階の表現をする為の努力ができるかもしれない。

ここへきて長く生きれないかもしれないという予感が、
俺の全てを動かし始めている。
今年に入ってから何かが始まった気がした。
それは同時に、終わることが約束されたということなのかもしれない。
どれくらい時間が残されているか分からないから。

できることは全てやろうと思う。
「全てを楽しもう」
今年の抱負にこの言葉を選んだということは、
恐らくはそういうことなのだ。

そうして。
枯れた葉や、朽ちた樹も、
無駄じゃなくなってくれるはずだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR