fc2ブログ

自殺について。

ちょっと思うところがあったので自殺のことについて。

自殺をテレビとかで取り上げる時に、
「どうしてこんなことに」とか「理由が見当たらない」
なんてことをコメンテーターとかインタビューされてる人とかが答えてたりするんだけど、
もちろん場合や人にもよるけど。

たぶん自殺に理由なんてないんだよ。

ただその日、唐突に自殺したくなる日がある。
いや、今日俺がそういう日だとかそういうことじゃなくてね。

でもたまにそういう日があるのは事実。
もちろん俺は自殺はしないけど。
母の思い出が生きる俺を殺すことは、
俺が母をもう一度殺してしまうことになるから。

けど、それは今の俺だから言えることで。
唐突な自殺の衝動と、ちょっとしたきっかけがあれば、
人って案外簡単に自分を殺せるんだと思う。

当然俺の価値観の中ではってエクスキューズがつくけどね。

自殺の予告なんてしてる人は、
たぶん自殺を止めて欲しかったり、
自分のことを見て欲しいって気持ちが残ってる人だと思うんだよ。
だからまだ大丈夫。
そういう人ならたぶん、まだ生きていける。

でも。
ふとした時、今まで生きてきた自分と、
明日からの自分が急速にどうでもよくなる瞬間がある。
自分の命の軽さに笑いがとまらなくなりそうになる。
だからそういう日は、車にはなるべく乗らない。
遠くには行かない。
高い場所には行かない。

何があるかわからないと自分で思ってしまうから。

そしてその狂気は翌日には綺麗サッパリ自分の中から消え去っていて、
阿呆のように笑って一日を過ごすことを知っている。
何度も繰り返しているから。

また急速にどうでもよくなる。

だから眠る。
だから笑う。
だから自殺なんてする奴は最低だと自分に言い聞かせる。

それでも暗い影がべっとりと自分からついて離れない。
そういう人がたぶん全国に何パーセントかいるんだ。

だから、もし届くなら。

「とりあえずの享楽」で構わない。
自分をごまかして、その一日を乗り切ってくれ。
腐った世界も美しい世界も表裏一体だ。
分かっているから、どうでも良くなるんだろう。

生きていたらきっといいことがある。
なんてウソは俺にはつけない。
たぶん嫌なこともそれ以上にあるし、
何よりそんなことは大した問題じゃないだろう。

だから少しだけ、笑って忘れてくれ。
笑っている間だけは、どうでもいいことすらどうでもよくなると思うから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR