fc2ブログ

ジャンプスクエアについて。

今日は早起きしたにも関わらず、
用事が思わぬ速さで終わった為、
溜まっていたマンガを沢山読む日にした。

とりあえず読書カレンダー内にもコメントを書いたのだが、
ジャンプスクエア作品が色々と溜まっていたので、
それを読んでの感想をそれぞれ書いていこうと思う。

買っていたのは、テガミバチ、屍鬼、幻覚ピカソの3冊。

いやはや、ジャンプスクエアは本気です。
とにかく画力のレベルが高い上に面白い。
月刊誌なんで構成や演出、背景の書き込みなんかにも力をいれてる。

テガミバチ6巻 / 漫画:浅田弘幸
テガミバチは恐らく伏線の張り方、
劇の展開のさせかたから行けば
恐らく10巻以内に収めるつもりで描いているマンガだと思うんですが。

もし予測が当たっていれば、そろそろエンディングへ向けて
伏線回収しつつ勢いに乗せた劇展開が期待できそうな感じ。
とにかく、あの世界観を構築して絵にするイメージ力はお見事。
I'llを描いてた人だとわかってから余計に驚きました。

まずこれまでに、どの漫画でも描かれていない世界を、
自分独自の絵の世界で表現することが如何に難しいことか。
黒ベタとホワイトの使い方や、
切り絵かと思わせるような角ばった独特の描線が面白い。
こういう絵でスラスラと読ませるってのは実力だよなあ。
画力すごい高いと思うんですけど。

屍鬼4巻 / 原作:小野不由美 漫画:藤崎竜
屍鬼はもともと映画やドラマ向きの作品だと思っていたので、
写真をトレースしたような背景の上に、
平面と立体が混在したような人間の絵が載ると面白い効果がでる。
水木しげる、つげ義春的な手法の新しい様式かなぁ。

視線の誘導や、コマを見たときにまず何を見せるべきかを、
藤崎竜は分かって描いていると思うので、どんどん読みやすくなっている。
一巻の頃はすこし煩雑すぎてマンガに集中できなかったが、
藤崎的な屍鬼の表現が確立されてきた印象を受ける。
背景の描き込みの量のわりに読みやすさが向上するというのは素晴らしいなぁ。

夏野、敏夫、静信の3人が一応の主人公なので、
原作を読んでいる人間としては、これからの展開が楽しみで仕方ない。

幻覚ピカソ1巻 / 漫画:古屋兎丸
幻覚ピカソにはとにかくビックリした。
まず古屋兎丸がジャンプスクエア!?っていう所に。
さらに設定がジャンプスクエアの読者層に受けそうなんだ、これが。
古屋兎丸がしたたかなのか、編集者がしたたかなのかは分からないが。
もともと絵画というのは心理の視覚化を目指すものでもあるので、
その芸術性を連載漫画に持ち込んで、
尚且つ設定としても盛り込むなんてことは普通は考えないし、
なにより余程の実力がないとできない。

これまで古屋兎丸は画力の高さには定評があったものの、
どうしてもアクの強さからマニアック作家なイメージがあった。
それがどうしたことか、この幻覚ピカソで一気に花開いた感じ。
インノサン少年十字軍やIKKIコミックスのハピネスも良い出来ではあれ、
一般への浸透を考えると少し難しい部分があった。

というか古屋兎丸自身も、
そういう所を目指している作家ではないように感じられた。
しかし、こうした形でなら一気にメジャー化することも可能なのだ。
という新しい発見に驚く。
これはたぶん色んな層に受け入れられるぞ~。
面白かった。

---------------

シャーマンキングの人も新連載を始めるようだし、
まだ買っていないが和月のエンバーミングもある。
さらに藤子不二雄Aも書いているんだよなぁ。

ジャンプスクエアはコミックスが刊行される度に、
徐々にマンガ好きへの浸透率を上げていくかもしれない。
読者を引っ張る作品が増えてきているのは良い傾向だよ。

大衆に迎合してちゃ、どんどん右肩下がりになっちゃうんだから。
とにかくまずは日本人が日本人に向けて、
新しい価値観を提示しつづけていかないと。

外国への輸出を視野にいれて合わせに行っているようでは、
進歩なんて止まっちゃうよ。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR