スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急!!快連だより 【原油高の自慰への影響】

原油価格の高騰でティッシュなどにも値上げの波がくるらしい。

現在、我が家で使っているティッシュの値段は約250円くらいだろう。
もちろん200組のものが5パックでだ。
さて、皆様の不安にお答えするのが快楽連盟のお役目。
一回のオナニーにかかるコストの値上げについてです。

つまり現在までは、250円の200組5パックを例にとるならば、
250÷5÷200=0.25で一枚0.25円のコストである。
一回の射精において使われるであろうティッシュは、
3組、引き抜いたとして6枚の計算。
多いときでも8枚から10枚ほどであろう。
これをコスト計算すれば、最大2.5円。
なんとあんなに気持ちのいいオナニーが一回2.5円でできていたのだ。

しかし原油価格高騰のあおりで、
ティッシュの値段が7月から25%の値上げとなる。
5パック300円ほどになるということだ。
つまりオナニーの値段も単純に一回3円になるということだ。

だがしっかぁあああし!!
あんなに気持ちのいいオナニーが一回3円でいいのであるから、
ティッシュの値段高騰は致し方ないと言わざるを得ないだろう。

私のティッシュの使い方では、
現在平均一日6回ほどのオナニーをし、
一回につき5組のティッシュを使うので、
月を平均30日として、一月約450円ほどオナニーで使っている。
これが3円になると一月540円になってくる計算である。

年間で計算すれば、
5400円と6480円ほどの差になってくる。
なんと1080もの差になるのだ。
これを現在の2.5円計算で行けば、
なんと一日に約1回多くオナニーができる計算である。
しかもそれでも最終的には80余るのだ。

みんな2.5円と3円、小さい違いと思うかもしれないが、
これを長い目で見ればなんと一日一回、
なんと年間で言えば365回ものオナニーの回数の差が出てしまうということだ。
正確な数字ではないため、もう少し詳しく分析すれば、
もっと大きな差になってしまうかもしれない。

原油価格の高騰は我々のオナニーまで脅かしているのかもしれない。

しかしあの気持ちよさで一回3円やったらそれでも良いのかもしれないな。
みんな!みんなも今のうちに一回でも多くオナニーをしておくんだぞ!
スポンサーサイト

クスリやめますか?人間やめますか?

クスリやめますか?人間やめますか?

では頭のおかしい僕はクスリも使っていないのに、
既に人間をやめていることになるんでしょうか?
すんごい言葉つきつけられちゃったもんね。

そうか何事も白か黒かに分けようとするから、
こんなにも極端になってしまうのだ。
ここに一つの言葉を足せばもう少しいい言葉になるはずだ。

クスリやめますか?人間やめますか?それともお風呂になさいますか?

うん。
なかなかいい。
何がいいって、すべてを肯定してる感じがいい。
次。

クスリやめますか?人間やめますか?タモリに見えますか?

うん。
これもなかなか。
グラサンかけたときの周りが見えてない感じが上手く表現できてる。
次。

クスリやめますか?人間やめますか?今、僕は人間と確かに言いましたか?

うん。
不安感が出てるね。
間違えたんじゃねぇかな?って思っちゃったら負けだからね。
次。

ヤスリ買いますか?ニンジン買いますか?

うん。
絵が浮んでくるね。
この八百屋ヤスリでニンジンの皮むけると思ってるね確実に。
次。もう最後。

サスリましょうか?忍耐もちますか?

うん。
すんごい優しいよね。
道端に倒れてるおばあちゃんの背中をさすってあげる16、7の少女だね。
いい時代だよねぇ。

ベース徹

遂に…彼がブログ界からも姿を消してしまった。
名字が変わり、ブログが消え去ってしまった。
信じていたバンドの仲間の中村に「しね」と彼は言われた。
今、彼は一体どうしているのだろうか…
彼の笑い声が再び木霊する日は来るのだろうか。
ベース徹の今後の動向が気がかりである。

ってかブログサイドの異常でアクセスできないってことじゃないよな?
恐らくは俺は上谷がブログを削除したのだと考えている。
彼の狂気的な一面が遂に顔を見せ始めたのだ。
手始めに殺されるのは一体…

[The Bass Killing Tools] 乞う御期待。

元上谷ブログ

民間委託

駐車違反の取締りを民間に委託する。
確かに違法駐車は様々な迷惑を生むし、見通しが悪くなり人身事故の原因にもなる。

しかし、である。
どう考えても順番が逆ではないだろうか?
そういった条例を作る前に
行政や民間がやらなければならないのは、
車を停めるスペースを確保することでったり、
路上駐車を余儀なくされているような会社のシステムを改善することである。

どうしても路上駐車をしなければならない仕事というのは存在するし、
自動販売機や公衆便所といった所や、
駐車場の整備されていない店舗などに入る場合は、
どう考えても路上駐車しなければならない状況になる。

ならば国や市が取り組まなければならないことは、
一定距離に比較的安い料金で利用できる、
市営などのモータープールの確保である。

作らなくてもいい道路を作ることに国民の税金をアホほど使って、
車ありきの社会を作り出しておいて、
車を停める場所がないとなったら、
「そんなもん知りまへんがな」で通るとでも思っているのだろうか。
さらには取り締まりを民間に委託する始末。
マッチポンプである。

まったく本当に何を考えているのやら…
民間に委託して本当に公平な取締りができると思っているのだろうか?
警察ですら公平でないのに、
民間の人間が取り締まるようになったら、絶対に不公平や不正が起きる。
まず身内や友人の車は絶対に見逃されることが多くなるだろうし、
罰金や点数を引かれるのが嫌な人間は、
多少のお金を払って、これで堪忍しておいてくれ。
なんてことは絶対に起こりうる問題だろう。
想像力が欠如しているとしか思えない。
確実に障害事件も起きるだろう。

相手が警察でも考えられないほど汚い言葉を使って罵るのに、
民間人となったら手が出てもおかしくない。
ヘタをすると取り締まる側の人間が拉致されて暴行を受けることだってあり得る。
どうしてこんなに問題しか起こらないような条例が可決されてしまうのだろう。

本当に違法駐車をなくしたいのなら、
国や市がしなければならないのは、取り締まりの民間委託ではないと思うのだが…
まったくもって不可解だ。

無明

生命が凝固する。
光の固まりが世界の中心に落ちる。
闇は全てに垂れ下がる。
孤独が無限となり。
鼓動は無音となる。
永劫、無明

漆黒の闇だけが光にとっては全てだった。
自らを包んでくれる闇が何よりも冷たい優しさに溢れていた。

苦痛

精神が弱い。
目が見えない。
力はない。
正方形のなかに見えるのは黄金の願いだ。
ガレキは美しく輝き腐敗した清浄が澱みなく腐っている。
蓮華が咲き乱れる世界には約束の地はなく。
時計は球体として表現されてしまう。
過去という概念が消え、座標で世界の可能性を全て指定できる。
ロケットが空を飛ぶのは、世界がロケットを拒否しているからだ。
人が煙になったり土になったりするのは。
呼吸をしなくなったそれはもはや人ではないからだ。
絵画のように全てを芸術にしてしまう概念がある。
死も生もただあるだけだ。

例えば神が人々を槍の雨で串刺しにしている絵があるとしよう。
人々は跪き審判をまつように十字を切り、数珠を持ち、経を唱え、平服するだろう。
全ての民は世界を紅く染め。
ようやく世界は死で満たされていく。

新たな生という概念が生まれるとすれば神々の世界だ。
そして神々は、神によって串刺しにされる末路を辿るのだ。
痛みは死に繋がってしまわない。
見えてくるのは全てを超越した作為と矛盾の内包された理由のない空と海と星々だ。
苦痛はここにある。
そして鼓動が何かを諦めたときその実験は何かによって終わらされるのだ。

手を伸ばせば届くのは希望と絶望を綯交ぜにした光の固まりだ。

果実

根は腐っている。
枝は折れている。
葉は枯れている。
幹はひび割れている。
ひとつの果実だけが実った。

それでも木は不毛な大地より天を目指す。

果実を神に届ける為に。
神がその果実を手にし口にした瞬間の微笑む顔が見えるようだ。
木はただひたすら天を目指した。

根は腐っている。
枝は折れている。
葉は枯れている。
幹はひび割れている。
たったひとつの果実だけが実っていた。

木はもうこれ以上自分が伸びることはないと知っていた。
大地は世界を祝福してはいなかった。
風が葉を舞い上げる。

木は願う。
もっと、もっと高く舞え。

雨が降る。
不毛な大地に雨が降る。
太陽が照らす。
少しだけ天は近づいた。

気の遠くなるような時が過ぎ、
天に木の先端が届いた。
神はそこに実るひとつの果実を手にして
一口、また一口食べた。

木はそんな夢を見ながら
遥か高い天を見つめ崩れ落ちていった。
果実だけは、いつまでも、いつまでも世界に残りつづけた。

閃光

例えば世界が何もない真っ白で平らな丸い球体だったらと考える。
そこに僕が立っている。
見渡す限り一面の白だ。
光は球体の中心にある。
闇は球体を包むように垂れ下がっている。
僕は闇の中で光の上に立っている。

僕以外の人も、音も物体も、何一つ存在しない。
鼓動の音もない。
ただただ白く平らで丸い世界だ。

僕の足下には影ができない。
光は足下から放たれているから。
僕には自分の身体が見えない。
僕は闇に包まれているから。

ただ何もないのだ。
それは全てがあったという空虚な記憶の末路だろう。
絶望はもうない。希望とは何だったろう。
それは全てがなかったのだという空虚な希望の末路だろう。
ただ、そこには何もないのだ。

自分という概念すら消え去っていく。
じわりと、体温が奪われる。
もはや存在という意味が成立していなかった。

僕は少年の姿になる。
イメージだ。
風も草木も夕日も街の匂いも、何一つ存在しない。
あるとすれば、それは無感動だ。
消え去った精神の朽ち果てたものが、
横たわり、垂れ流されるフィルムを眺めている。
それだけのことだ。

色も、感動も、記憶も、絶望も、希望も、
そこにはなかった。
ただ永遠があった。
ただ孤独があった。
ただ無垢があった。
ただ…

不毛があった。

一瞬、閃光

世界はもはや白く染まった
すべてが無くなった象徴になった。

白死

光が凝縮されていく
一瞬、閃光
影は躍りながら宇宙の果てへと…


身体が熱で溶けていく
精神は影と共に宇宙の果ての
その向こうへと

死と共に虚無を彷徨う
身体という枠がないそれは
やがて混濁し他の精神と混ざり合う
闇は夜の向こうでスープになっている

人は呼吸によってそれを吸い上げ
それが言葉になり
新たな自分に転じていく

光が凝縮されていく
一瞬、閃光
影は躍りながら宇宙の果てへと…

傍らに眠る死について

今日中に死ぬとして、やりたいことはなんだろう?
本当にできることは限られているのだろうか。
恋とかをしてないと、確かに死ぬ前は少し寂しいと思ったりもするのかもなぁ。
俺はできる限り、言葉を書き綴っているのではないだろうか。

この世界と俺の関係を。
どんなことを感じ、どんなことを願い、
どんなことを求めていたのか。

唐突な死は理不尽だ。
人は唐突に生まれ、知らない間に自分という枠に精神が定着する。
なぜこの世界に自分が存在したのか、そういうことは最後までわからないまま、
人は死んでいく。
俺は少なくとも、自分の死に際は自分の意志がいいと、そう思っている。
今から自分の命が終わる。
それは最後まで自分が自分でいれたということの証明である気がする。
そしてその為には言葉を残すことが必要不可欠だろう。
限りなく自己完結的な結論だが、
少なくともそれを言語化して死んでいくことは最後の義理のような気がする。
それは周囲の人間に対してもそうだし、
この世界に対してもそうだ。

俺はこの世界を美しいと思うし、
どうじに限りなく醜いとも思う。
だからこそ素晴らしい世界だと思う。
生きているということも同じだ。
ただ生きた、というそれだけの人生なら、
俺は自殺したいなんて微塵も思わないだろう。

俺は俺が生きている間、
少なくとも自分の意志で毎日を過ごし、
毎日を楽しもうとしている。
けれど、芒洋とした死との距離感ではそれは不可能だったと思っている。
いつ自分が死ぬかもしれない、そう思っている。
ただ、だからといって、無理はしすぎない。
明日自分が死ぬからといって、あえて普段と違うことをしたいとは思わない。

呼吸をする。
空を見る。
残すべき言葉、連ねたい言葉はそれだけで浮かび上がってくる。
そうして終わっていく最後の一日は、
それだけでいいような気がする。

俺は別に死を正当化したいわけでもないし、
死を奇麗なものだと思っている訳でもない。
かといって血反吐を撒き散らして死ぬつもりもなければ、
死に損なって他人様に迷惑かけるつもりも毛頭ない。

結局、俺にとって死とはそういうものなんだろうと思う、
というただその一点につきる。
誰の同情を誘うこともなく、まったく可哀想でもなんでもない、
それは雨の雫が海に落ちて溶けるようなことなのだろうと思うのだ。
一体誰に、何のために、
俺はこんな言い訳じみた言葉を書いているのだろう。

それでも、いつか死に行くものとして、
こういう言葉は残しておいたほうがいいと思った。
それは紛れもなく、この世界で生きた俺という人間の言葉だからだ。
いなくなってしまってからは残すことができない言葉だからだ。
手遅れになってからでは遅いから、
先に言い訳をしておきたかった。
つまりはそういうことなんだろうと思う。

ショッチューサン

アルコールが美味しいわけで。
それはもう昨日の夜は舌鼓を打ったわけで。
手ごろな値段で満足の行く芋焼酎を。
これが我等の基本理念である。
氷すら必要とせず、直で飲み倒す(とは言っても酒量は多くしすぎない)
2本の芋焼酎と、きび焼酎、そしてトマト焼酎を並べグラスに注ぎあう。
芋は黒丸と利八を用意、きび焼酎の銘柄は忘れた。
トマト焼酎はLa TOMATO。

まずは友人おすすめの利八を一杯。
こいつが濃い目の味で深みもあってかなり上手い。

黒丸も友人にすすめてもらって俺が買っておいたもので、
これは値段の割にはいい味なので気に入っている。

きび焼酎は、友人はクセ強すぎてあんまり、と言っていたが、
俺はクセの強いものが好きな所があるので、
結構おいしく頂いた。
だが確かに何杯も飲めるようなものではないのも確か。
飲むと焼きたてのパンのような後味が残るのだ。

トマト焼酎は二人とも声を合わせて「甘すぎ!!」
トマトの風味も酒が回り始めていれば楽しめるが、
一人で飲むときは邪魔だったりする。
そして一応つまみも買っておくのだが、
どうも飲み始めると、あまりつまみに手が伸びない。
結局俺はチーズとチョコレートを食べていた。
鼻血でそうなコンビネーションですね。

二人でアホみたいなことをしゃべりながら、
上手い酒と音楽と笑いが素晴らしいのだと再確認。
あとは金儲けだけということで、話は落ち着き就寝。

酒は世界を救うかもしれない。

新居昭乃 / VHmusic

遂に入手した。
レア感満点の新居昭乃さんのVHmusic。
まあ買おうと思えば誰でも買えるんだが、店頭販売は一切行われていないので、
まず新居昭乃さんに興味を持って、
彼女のホームページなんかをチェックしなければ存在すら知ることができない。

内容的には過去に放送されていた新居さんがやっていたラジオ、
「ビリジアンハウス」の為に彼女が書き下ろした曲や、
ライブでしか演奏していなかった曲、
自宅録音の曲なんかを集めて作ったパーソナルアルバムといえる。
セルフカヴァーも多く収録されており、非常に満足度は高い。

特に個人的には新居昭乃の中で最も好きなアルバム「エデン」を象徴するような
『at Eden』という曲と歌詞の美しさは圧巻だと思う。
最後に『神様の午後』のinstrumentalを持ってきているのも素晴らしい。
全体的にインスト曲が多いが、曲はもちろん新居昭乃ワールド全開で、
彼女の歌詞の素晴らしさが爆裂しているat Edenも収録されている。

一般のお店では入手できないということで得られる満足感もあるが、
それ以上に純粋に良い物だから買って良かったと思えるアルバムだ。
癒し爆発。

仮にそれを膀胱と呼ぼうこう

正直、しょんべんもしたいのにブログなんか更新してる場合じゃないんだよ。
でも全国90億人の俺のファンが1000兆人になってもいいのか、
と脅迫してくるから、頑張って更新している次第なんだよ。

人間切羽詰ると何を言い出すかわからないので、
そういう意味では俺は冷静だと言えると思うけど…
結局何が言いたいかと言うと、
おれは今究極にしょんべんをしたいわけで。
でもそれを全国8万不可思議人の俺のファンがそれをゆるさないわけで、
その期待に応えるのが俺だとも思っているから、
そういう意味では膀光栄ともいえるよね。

でもさっきから本当にしょんべんがしたくて仕方ないんだ。
膀胱というものがこの世に存在するとしたら、
それが破裂しそうになっていると言ってもいいんだ。それはいいんだ。
わかるかい?
あの膀胱が破裂しそうになってるんだ!!

って、膀胱ってものがこの世に存在してないんだから
君達には想像もできないかもしれないけれど、
僕は仮にそれのことを膀胱と呼んだりしているんだ。
そしてそれは破裂しそうになる可能性のあるものだと言っておく。

だからしょんべんをしたいんだ。
しょんべんというのは、だいべんとは対極にあるものなんだ。
しょんべんを例えて言うなら人工ミネラルウォーターだ。
飲んだりとかは、一部の人にしかできないだろう。
貴重だからだ。

ほんまに我慢できないので、もうブログをやめます。
さようなら。

カイワレ大根でなんとかこう、無理かね君ぃ

豊満な胸でむしろパイズリされている最中に
「粗チンがよけい小さく見える」と冷笑されたい男ナンバーワン円山寛貴です。

カイワレ大根の辛味は絶対にオナニーに利用できると思っています。
さようなら。

お風呂。

今からお風呂に入ろうと思うんですけれども、
みなさんはお風呂に入ったらまず何をしますか?

1.体と髪を洗う。

2.先に湯船につかって、その後体を洗う。

3.自分が性病であることを浴室の神様に告白する。

4.倦怠期の夫婦の妻の心境を自分の中で再生しながら
シャワーを秘部の方へ持っていきおもむろに自慰をして、
イッた後に、「なにやってんのよ…」と自嘲する

5.勢いよく浴室に飛び込んで後頭部自適打

6.悠然と仁王立ちして、誰かが洗ってくれるのを待つ

7.熱唱して熱湯をかけられ熱傷を負い熱をだす

8.


飽きた

ダメ、絶対

そろそろ弁明しておかないと、本気で通報されそうな気がしてきたw
このブログを読まれてる方は、俺のことを頭がおかしいとか、
本気でそんなことを思われる方もおられるでしょうが、
実はまったくそんなことはございません。

下ネタが多いのは土地柄のせいですし、
僕の精神がおかしいように見える文章なんかは全部社会のせいですし、
文章がへんなのは学校教育のせいです、
僕が太っているのは両親のせいですし、
ブサイクなのは神のいたずらです、
彼女がいないのはホモという概念のせいですし、
UFOを見たことがあると言わないのは、UFOを見たことがあるからです。

だから通報はやめましょう。
通報はあなたの体の健康を損ないます。
「ダメ、絶対!!」

牝犬調教クソ喰らう

なにやら、牝犬調教に力を入れているらしい。
ボッキしてるんじゃなかろうか…

牝犬調教とはなんだろう?
この牝犬の浅ましい所を再認識させていくことだろうか。
それはこの牝犬を喜ばせるだけじゃないだろうか。
俺は従順すぎる牝犬なら育てて欲しくはない。
しかし、この犬の現状には満足していないが、この犬は好きだ。
だがこの牝犬に今のまま浅ましい快楽だけを与えつづけるというのなら、
それはこの調教がいよいよを持って失敗ということだろう。

犬に陰茎を愛する心を、誰が誰に教えれてやれるというのだろう。
巧く睾丸を舌で転がす方法を、睾丸を美味しそうに吸い込む方法を、
牝犬は誰かに教えられて学んだというのだろうか?
はっきり言えることがあるとすれば…
牝犬は女王様としての役割も果たせる方が遥かに良いということだ!

牝犬調教なんてのは俺にクソを喰らわせてから始まると思っている。

愛国教育クソ喰らえ

なにやら国が愛国教育に力を入れていくらしい。
バカじゃなかろうか…

愛国教育とはなんだろう?
この国のいいところを再認識させていくということだろうか。
それは悪い部分を見せないということじゃないのか。
俺は歪んだ愛国心なら育てて欲しくない。
この国の現状には納得していないが、俺はこの国が好きだ。
だが今の日本は素晴らしいと思わせるような愛国教育をしようとしているのなら、
それはこの国がいよいよをもって末期だと言う事だろう。

国を愛する心を、誰が誰に教えれるというのだろう。
親が子供を愛する心を、子が親を愛する心を、
人は誰かに教えられて学んだというのだろうか?
はっきり言えることがあるとすれば、
愛国教育なんてことを考え出す人間は、
本当にこの国のことを愛してなんていないということだ。
そんなことをしてまで国民に戦争をさせたいのだろうか。
それほどプライドを捨てれるのなら、
さっさとアメリカにでも頭下げて金払って、
州の一つにでもしてもらえばいい。

バカバカしい。
ふざけるな。
そんな愛国教育なんかせずとも、まともな教育さえしてればいい。
良い企業に入るために勉強をさせ、成績を重視するような教育で、
この国のどこを愛せるというのだ。
少なくとも国は良い企業に入る人間を評価するんだろうなぁ、程度にしか思うかボケ!
だが、人はどういったもので国を愛する?

それは残された言葉であったり。
建物であったり、食べ物であったり、音楽であったりだ。
父であったり、母であったり、隣人であったり、
そういった自分の周囲の人々だ。

成績のために勉強をさせる国だからではない。
国を好きになる為に国のいい所を学ばせてくれるからでもない。

「なぜ勉強をするのか?」
という問いに対して多くの人が「受験のため」と答える社会は、
やはり間違っていると思う。
なぜ勉強するのか、なぜ学ぶのか?
それは「面白いからだ」

国を愛するというのは、そここそが出発点になるはずだ。
愛国教育なんてものは本当にクソ喰らえだと思っている。

アイワズショット

どうもでちゅ。
1歳児でちゅ。
昨日坂口んとこのガキの母親の乳首をねぶったでちゅ。
あれは感じてたでちゅねぇ。
坂口んとこのガキはクソ生意気で大嫌いでちゅから、
僕ちゃんがねろねろして乳首を勃起させてやったんでちゅ。
そしたらあのババア、今日も僕ちゃんに乳首を吸わせようとしやがったでちゅ。
このまま放っておいたら、坂口のガキの故郷も舐めさせられると思ったでちゅ。
なので今日は僕ちゃんの使っているおしゃぶりをぶち込んでおいたでちゅ。
そしたらそれを宝物みたいにして腰を振ってやがるでちゅ。
あ、坂口のガキに見られちまったでちゅ。
な、なにするでちゅか!!
やめるでちゅ!はやまるなでちゅ!!
アイ ワーズ ショットでちゅ!!

カエルの為に鐘は鳴る

何故かは分からないが、今日突然思い出したのでレビュー!

カエルの為に鐘は鳴る
知る人ぞ知る、初代ゲームボーイ時代の名作RPG。
破天荒な設定や会話、シナリオやキャラクターが魅力的で、
なんや知らんけど面白い、というゲーム。
やったことない人は一度やってみてはどうだろうか。
面白いと感じることができるはず。
もともとマイナーな上にゲームボーイでしかプレイできないので、
さらにマイナーな存在になってしまっているが、
その分コアなファンは多いらしい。
個人的にもその気持ちは理解できる。
このゲームは発売元が任天堂だけあって音楽も効果音も、
ゲームボーイの特徴をよく理解した上で作られているし、
なにより単純にやっていて本当に面白いと思えるゲーム。
ぜひお暇なときにどうぞ。
個人的には白黒ゲームボーイ最高傑作。

おまけ / ジャングルウォーズ
これはスーパーファミコンで続編が作られた作品。
なんというか、何が面白かったかは覚えていないし、
本当におもしろかったのかどうかすら曖昧だが、
なんとなく桃太郎伝説みたいな感じで面白かった記憶がある。

あへぇええええええ!!

恥垢を舐め取る。
それはまるでウィーン合唱団のマイクの取り合いのようだった。
一人が恥垢をゲットすると、もう一人が我先にと陰茎を奪い合った。
のべつまくなし。
例えそれが絶世の美女であろうとも、
人外の容貌を持つ者であろうとも。
恥垢はただそれを叫ぶ。

「近こうよれ」




この夏の自殺志願者数の統計に一人加えておいてください。

はねるのとびら

はねるのとびらを少し見た。
とぶくすりやめちゃイケの焼き増しにしか見えない。
しかも、それよりもクオリティの落ちる。
せっかくロバートやドランク、インパルスなんていい芸人を使ってるのに
それを活かそうとしているようには見えない。
というか、各々がどういう番組にしていきたいと思っていないように見える。

自分達が作っていく番組だと思っていない気がする。
ダウンタウンやウッチャンナンチャンやとんねるずが作ってきた、
新しい笑いの形や面白さを、焼き増しでコントにしている。

後世の芸人が「うわっ、やられた!」と思えるような
そんな角度でのコントを作る気がないのだろう。
よくある設定の、よくあるキャラの組み合わせで、
ありがちなコントを作っている。
ロバートの秋山なんてすごく面白く巧いキャラクターをできるのに、
その持ち味や不思議さを活かし切れていない。
ドランクの塚地だって底力のある芸人だ。

一番重要なことに、
芸人達がもう落ち着いてしまっているということがある。
緊張感がない。
下からの突き上げも上からの圧迫もない、自由で楽しい状況。
それはいい現場なのかもしれないが、
笑いに爆発力が生まれていない。

そろそろダウンタウンを討伐できるほどのコントができる芸人の番組を見たい。
若手なら笑い飯だ。
ベテランなら千原兄弟だ。

絶対にできる。
このままで終わっていく芸人なはずがない。
ダウンタウンが死んでしまったら、
これからのテレビは絶望的なほどに面白くなくなるんではないだろうか…
それだけは勘弁していただきたいものである。

新居昭乃 / キミヘ ムカウ ヒカリ

新居さんの新譜を購入。
いいね、いいよ。

『向かう風に ヒカリの羽が透けて見える』

こういう歌詞を書くことができるのは羨ましい。
現実に存在しないものを表現する時、
他人には理解されないんじゃないだろうかとか、
本当に的外れな不安を抱いてしまう時がある。

けれど、自己世界を表現するにあたって、
それ以上の言葉がない時、妥協して違う言葉を使うのは愚かだ。
客観して、これは理解されにくいんじゃないだろうか?
とか、それは最早、自己世界を表現するという出発点からズレている。
他人に違う宇宙の存在を教えるとき、
他人の住む宇宙にあわせて、まったく違う宇宙のことを説明できるはずがない。
なるべく伝わりやすい言葉を使ったところで、
そこへと踏込もうとしないものには伝わるはずがない。

ならば、自分が感じる言葉を躍らせる方がいいのだ。
自分が信じる世界に舞っていた言葉を音に降りまく方がいいのだ。
それは煌く奇跡のようなものだ。
届く。
ヒカリはすべの人に向かっていく。
ようはそれに気付くかどうかなのだ。

元ケネディ大統領の告白

皆さんこんにちは、元ケネディ大統領です。
今日は暗殺された日に考えていたことを告白しようとおもいます。

あの日は、確かあの後乱交パーティが催される予定で、
人々に手を振りながら、内心では勃起を見せ付けている気分だったんです。
乱交パーティに呼ばれていたのは、ハイスクールスチューデントだったね。
それはそれは鬼畜の催しでねぇ、最高なんだよ。
スモーキンクレイジーパーティさ!

私はその中でもイソジンを全身に振りまかれるプレイが大好きだった。
そんな時のことを思ったら、いてもたってもいられなくなって、
左手は外に手を横に振りながら、
車内では右手が縦に振られていたんだ。
こんにちは僕ケネディ。

うんこを食べることもあったよ。
むしろ11歳に満たない幼女の排泄物は好物といっても良かったね。
パスタに絡めると最高なんだ。
食事中に勃起が収まらないのだけが難点だね。

それと僕はゲイでもあってね、
数々の猛者とセックスを行ってきたよ。
僕はケネディだけれども。
わかるかね、君。
股間を踏みしだかれたいのだよ。

おかまとおなべの両方に無意味に罵られながら、射精をしたいんだ。
それほどドMのゲイにとって喜ばしいことがあるだろうか。
理想はそのおかまとおなべが、11歳以下であることなのだがね。

とか、そんなことを考えていたら、
チャカで打ち抜かれたね。
本当に歴史の表と裏というのは、諸君等凡人には知ることなどできるはずがないのさ。
だからこそ今日は私、元ケネディ大統領本人が告白させてもらった。
じゃあね。シーユーアゲン!マイファミリー!アメリカァ!

快連だより 【天体望遠鏡オナニー】

今日は天体望遠鏡を使ったオナニーを紹介したいと思います。
まず天体望遠鏡の覗く側と反対側のレンズに射精します。
次に一番興奮する星に座標を合わせます。
もうお分かりですね、今日は星にスペルマぶっかけをしてもらいます。

星フェチの方なんかは想像しただけでも気が狂われる方もおられるとは思いますが、
いやいや、それはもう少しお待ちください。
実はこの天体望遠鏡オナニーを楽しむ上で最も大切なことがあります。
それは後世の人のために、星に精子をぶっかけた映像は保存すること。
そしてなるべく多くの人に配布してみてもらいましょう。
個人的にはエリダヌス座のアケルナル恒星に射精した瞬間が、
最もこの世に生まれてきて良かったと素直に思えた瞬間でしたね。

あ、そろそろ時間となったようです。
またお会いできることをお祈りすると共に、
表現の自由を持つこの日本に感謝しつつ。
レッツ、スペルマリウム!!

狂います

最近、考え過ぎているのか、精神世界と現実世界が混ざり始めた。
かなり悪い傾向だ。
このまま進行すると、俺は間違いなく精神に破綻を生じさせる。
気を抜くと体の感覚が消え去っている。
目というモニターだけが精神との接合点になってしまっている。
なんというか狭さを感じている。
精神がどんどんと膨らもうとしているのを、
頭蓋骨や体が邪魔をしているような感覚だ。
すごく狭い。
まだまだ、宇宙の果てすらも越えて精神は広がろうとしているのに、
頭蓋骨や体のせいで概念が理解を突き抜けない。

もう少しで何かきっかけがつかめそうなのに、
雲を掴むように芒洋としている。
死によって解放されれば一気にあの壁を突き破れそうな気がする。
一瞬にして全てを理解できる気がする。

このもどかしさを、この閉塞感をなんとかしたい。
言葉という要素だけではたどり着けない。
音という要素だけではたどり着けない。
感情という要素だけではたどり着けない。
性という要素だけではたどり着けない。
象という要素だけではたどり着けない。

最近自分が27歳くらいで死ぬんじゃないかという気になってきた。
精神異常具合がロックスターに匹敵し始めている。
だが、間違いなくあるのだ。
確かにそれはある。
この閉塞感の向こうには、確実に存在する。
それは死のようなものかもしれないと、直感している。

広さ

この世界の広がりは無限だが、私にとって私の脳は狭すぎる。

輝柱

確かに見える。
はっきりと見える。
輝きを放ち天を突き抜ける柱が。
魂をのせて想像を絶する美しい輝きを放っている。

放射状に伸びた光の残滓を掴む。
ぬくもりが満ちる。
それはもっとはっきりと世界へと広がっていく。
限りなく個体でしかありえない世界の根幹へ。

冷え切った死が時計の針に溶かされていく。
ぬくもりが広がる。一秒は暖かさの単位だ。
凍りつき静止していた時間が動き出す。
ぐつぐつとマグマが沸き立つ。

もはや後戻りはない

僕達は結婚して3年目のド変態です。
普段はお互いの許しが出るまで、
二人とも素っ裸で、手錠でリビングの端と端に捕らわれています。
実はその気になればいつでも外せるのですが、
妻はそれだと興奮しないでおますなぁが口癖です。

今日は窓と玄関を全開にして、二人で言葉責めの応酬をしています。
妻は何度も気をやって白目が普通の目みたいなフリをしていますね。
僕はというと、射精が止まりません。
妻が隣の男子大学生と僕の関係を詰め寄るくだりなんか、
ここ3ヶ月で一番興奮しました。
僕もさっき、妻が爪切りを見ながらオナニーしているのを、
見つけた時のことを話してやったら、
妻は潮を吹きながら
「アガガガガッ!爪切りヤッバイイッグググウウゥウフゥウツッメー!!」
とこの世のものとは思えない嬌声を上げて、達していました。

今日も多分このまま夜が更けていくことでしょう。
射精を止める方法がわかりません。

快連だより 【アスこそアナたにアナルファック】

肛門から伸びる前立腺を刺激することで、
快楽はより一層の段階を強めます。
それは男性のみに限ったことではありません。
女性もアナルで絶頂に達することができるのです。

今回は男性のみならず、女性にも楽しんでいただける
手軽なエクササイズ、もとい手臭サイズです。

指にローションをつけます。
一本だけにつけにくい、という場合などは
親指と人差し指と中指をくっつけてくぼみを作ってから、
そこにローションを少量流し込みましょう。
よくねりねりしてください。

初心者の方はここで一気に3本入れてしまわないように。
一本入れやすい指を菊にぶち込んでみやがれ。

後はテメェ、体の内側にある前立腺を捜すんだ。
それを刺激してやれば、アクメがきまくりだよバカ!
とまらねぇよバカ!

以上、本日の手臭サイズでした。
他にも肛門を刺激して快楽を得る方法というのは沢山あるので、
また後日、改めて説明したいと思います。
自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。