スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただひたすらにイミシンでイミフカイだけの文章

ロトサプトフンネルの書
第ジュウジ章 -ゴドゾーメロイとアギラの邂逅- カモツレヒア篇より

カモツレヒアはニフルのミタマ運ぶ想い出の箱。

目覚めたゴドゾーメロイはシンパルにラブンドレーベンし、
イリグアントと成ったが、
そこはかつてゴドゾーメロイが望んだ世界とは程遠い場所になってしまった。

己自身のせいで事象は拡散し、
歪みに歪みに世界は笑顔すら忘れ去ってしまった。
ならばイリグアントの望む世界は氷の世界の向こうにあふれる笑顔だった。

レプトザウハリの実は爆ぜて飛び散って星々となり、
事象の歪みを時間と空間と呼ぶことでセイレツさせた。
ゆえにイリグアントたる己は呼吸を閉ざした世界に根ざす。

ネフェロスの民にはもう間違いを間違いにさせぬよう、
存在を割ることにより塔の崩壊とし、
つねに答えを問う世界に分身させ己を知らしめようとした。

それゆえに知性は薄くポツポツと宇宙全体に散らばった。
争いや諍いは数多く起こったが、
それでもアギラの意志は残った。
子孫は殺しあいながらも愛しあい憎みあい感情をぶつけあって、
互いを知って、よくお会いしますねなどと声をかけあい。
六所を回ったという。

歪んだ事象の整列の果て、
その、さらなる未来にシュデローグの魂を転移させ
ポグザミ衆を弔う役割を与えることとした。
シンパルはイリグアントでありゴドゾーメロイである。
イリグアントとなったことでゴドゾーメロイは闇より転じた。
転じて天児た。

しかしシュデローグは幾度も間違い、
イクスハプラオのオミエロトノスを探し出しては、
アギランゴドレゾブフテーベルシュタンテュを手にかけた。
母なるアギランゴドレゾブフテーベルシュタンテュを殺めては、
それを悲しみ哀れむオミエロトノスの嘆きもむなしく、
イクスハプラオの地へ突きたてられてしまう。

レプトザウハリの実はとうに爆ぜて空に散っているというに。

世界を壊し、燃やし尽くし、
それでもゴドゾーメロイとの邂逅を信じ探しては殺した。

イリグアントは氷の諸元に閉ざされ、
アギランゴドレブフテーベルシュタンテュは
その氷をすこしずつ炎で溶かし、
時間と空間をすこしずつすこしずつ広げていった。
子孫たちは悲しくも争ったがすこしずつケンメイに生きた。

繰り返す七つ周期の世界をクリエイトした者の名を、
仮にセブン観察者と呼ぶことにする。
会いたい心を合わせては殺し合わせては知り合わせ。

そうするうちに六所巡りはたった二歩で成ると、
台風の目の奇才に看破されてしまった。

洪水をおこす暇も許されず
セブン観察者はその身に落ちた影の意味を知った。

互いは引き寄せあうために出会ったのだと。
究極の世界は個々の絵の九重によって透明にいたると知った。

ネフェロスの民はその巨大さを失ったが、
卑小な存在であるがゆえに手を取り合う必要を知った。
ソムの酒は海となり、
ポグザミ衆はシンパルを祀り続けた。
トト王は死した後、己の過ちを知り、
イリグアントの住む世界をアギラの火によって、
世界に映し出し続けたという。

全てが溶け、アギラとゴドゾーメロイの出会いへと回帰する。
その邂逅によって全てが始まり、すべてが収束するかといえば、
それは分からないとしか言うことはできない。

交わった道が無限への交叉であることもあれば。
かつてのセブン観察者とヘブン観察者たちの、
平行線のうえをたどる平行線の上のような日々になることも。

ロトサプトフンネルは満腹になってしまって、
もう誰かから何かを奪うような気分になれなくなってしまった。
イリグアントはシュデローグを迎えに行こうと思っていた。
そうするとシュデローグが会いに来てくれた。
ゴドゾーメロイとシンパルはコルクエントし、
シュデローグは台風の目の鬼ニフルの残した歌を、
生涯讃え、愛し続けたのだという。

間違いを間違いとせぬよう。
スポンサーサイト

ただひたすらに意味深なだけの文章

ロトサプトフンネルの書
第4章 -ザブラドネシュヘンツの儀- ニフラ篇より

チプタ チプラ ゼペリケル
スード エスネロ ゴリアシュ

サーベン


ザブラドネシュヘンツの儀が執り行われている。
ネフェロスのシュデローグがレプトザウハリの実を捧げる。
我々は固唾を呑んでその様子を眺めた。

チプ ツゥラブフ ボグッフゾォ
セード グリエス ゾグラーゼ

フルヴァイド


シュデローグが捧げたレプトザウハリの実が爆ぜる。

ゴドゾーメロイが目覚め、
ポグザミ衆のゼンジョウであるシンパルにラブンドレーベンした。
それがアギランゴドレゾブフテーベルシュタンテュの子孫であり、
つまりはザブラドネシュヘンツへと至る為の鍵であった。

ラブンドレーベンしたゴドゾーメロイはイリグアンドと成り、
イクスハプラオのオミエロトノスを手にする。
それによりシグラデプスの城はポグザミ衆の手から解放され、
めでたくネフェロスのシュデローグには
トト王よりソムの酒が与えられたという。

我々はレプトザウハリの実によって事象が歪み、
物事の順序が狂った瞬間に立会ったのだが、
そのことを認識できたのは過去の自分たちであった為に、
時間の経過によって忘れ去られることとなった。

つまりネフェロスの民はシュデローグの謀略によりトト王を裏切り
ゴドゾーメロイをポグザミ衆にけしかけ、
ゼンジョウのシンパルをラブンドレーベンさせた。
シュデローグはシンパルが
アギランゴドレゾブフテーベルシュタンテュの子孫であり、
ザブラドネシュヘンツへと至る鍵であることを知っていた。

ザブラドネシュヘンツの儀の折、
ニフラの歌が響きわたっていた。
物事の順序が乱れ記憶が散漫な我々だったが、
その時、聴こえていたニフラの歌だけは気が触れるまで、
頭の中で鳴り響いていたものだ。

この記述が一体いつの時代にされたものであるのか、
記している私自身にすら分からない。
私の名はニフル。

禁断の歌を残せし罪人。

ゾル チプト ロトサプトフンネル
レドゴルド ザブラドネシュヘンツ
チピ ドールゲヒト

メノヴィラ

日記(改)

ついったー風に、帰宅なう。

今日は忙しかったが充実した一日であった。
昼間に大学時代の友人が昨日購入した初期不良のHDDを交換に行く。
すぐに交換してくれたので助かった。

その後スタッフと一緒に年末会議。
短時間ではあったが内容の濃い発展的な会議ができた。

それから高校時代の同級生と忘年会。
みなさん恋愛のお話が大好きですこと。
全然恋愛してないから話にほとんどついていけず。
最近のタレントの誰それがカワイイやカッコイイという話題にも、
ほとんど名前がわからずに置いてけぼりw
まあそれでも久々に同級生の顔を見れて話ができるってのは嬉しいものだ。

さて明日は会社のスタッフと忘年会だ。
忘年会で年を忘れたことはないが、
そういう風に言うのでそういう風に言っている。

これから友人のHDDにOSをインストールしてみるか。
これで認識しなかったらもはや笑うしかない。

いやしかし、このクソ面白くもない記事をどうしてくれようか。
出来事にまみれると思考が浅くなっちゃっていけないやね。

あったことを伝えるだけだと本当に味気ない。
ちょっと味付けをして演出してみよう。

☆ ☆ ☆

ついったー風に、足の骨を折りながらも辛くも帰還なう。

今日の戦場は死体だらけだったが充実した殺戮であった。
昼間に慰安婦が吸い残していった消化不良の性欲を強姦で処理。
すぐに強姦させてくれたので気持ちよかった。

その後スナッフフィルムを一緒に電撃撮影。
短時間ではあったが内容の濃い吐き気のするような殺人ができた。

それから高僧時代の同門と忘年会。
みなさん修行のお話が大好きですこと。
全然修行してないから話にはほとんどついていけず。
最近のお寺の誰それがカワイイやカッコイイという話題に、
生々しすぎて引いていると訳もわからぬ内に掘られまくりw
まあそれでも肛門に同門のイチモツを入れられて処理できるってのは嬉しいものだ。

・・・
・・・・
・・・・・

もはやこれは日記ではなくなってしまったのだった。

眠れないから、夢を夢見てみた。R15指定

えー、今朝寝ていたら、
僕のちんこがクラスの女子に踏まれていました。
僕がメガネをかけていないと何も見えないことを知っていて、
わざとそういうことをするんですか?

犯人の人は自分から名乗りでてください!
それに修学旅行の宿泊先がラブホテルっていうのもどうかと思ってたんです!

あと、ああいう踏み方はよくないと思います!
もっとムードのある踏み方、意識して欲しいです。

いつまでも子供気分でいるから、
あんな風に雑にしか踏めないんです。

ましてやメガネもかけていない時になんて。
朝勃ちが可哀想だと思わないんですか?
もっとみんな朝勃ち目線になって考えて見てください!

あ、なにするんですか先生!
そこは乳首ですよ!
うわぁ、痛い!
何なんですか一体!
美少年乳首相撲!?
わけがわかりませんよーー!

---------

そして。

ふと、目が覚めると。
僕は生まれて初めての夢精をしていたのでした。


罪悪感とある種の達成感、そして少しの名残惜しさによって汚された。


その下着を、


僕は燃えるゴミとして出した。


もうそろそろ、


多くの生命が眠るブリーフの火葬が終わる頃だ。


僕は目を閉じ、一分間の黙祷を捧げた。

正解

いやぁ、のっけから下品な話になってしまいますが。

私は25歳になってからというもの性欲は「顕著」に減退してしまいました。
「自慰」は己の「アイデンティティ」を保つためだけの役目へと成り下がり。
ただただ「処理」のごとく短い時間で
すぐに終わらせるようになってしまっておりました。
しかし、未だ忘ることのできぬ、あの素晴らしき「自慰」の日々。
失くしたはずの性欲が「復活」の兆しを見せ初めたのは最近のことでございます。
「朝勃ち」「疲れマラ」「無意識的な勃起」と。
中学生の頃のような、あのムラムラした欲情を私は取り戻しかけています。
私は全盛期には遠く及ばないものの、
一日に三回以上の「自慰」は取り戻すことができたのでございました。
ナイスですね。(村西とおる監督 風でお届けしたのでございます。)

(追記…ここで()遊びが面白そうだと筆者は思いつき、
筆者は以下より話の主軸からブレる遊びをしはじめますが、
毎度のことながら、楽しめる人だけ楽しんであげてください。)

問1.
さて、みなさん。(浜村淳 風です。)
お入りください。(ありがとう{桑原和男 風です。}、浜村淳です。)
以上の方程式を参考に以下の設問を説きなさい。

浜村淳 風の導入に対し次に来るであろう
「ありがとう、浜村淳です。」というお約束の期待を逆手にとり。
「お入りください」で「ありがとう」という
桑原和男 風のお約束と浜村淳 風のお約束のブレンドを要求する
フリを行ったのは一体誰になるでしょう?

A [わかるか!!]
自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。