スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイヤレストラックボール

使ってたマウスが壊れたので以前に買ったLogicoolのキーボードと同じで、
Unifyingに対応しているワイヤレストラックボールマウスを購入してみました。
これでUSBポートがひとつ節約されました。

買ったのは↓コレ


しかしAmazonから届いた初日はトラックボールに慣れていないので、
ちょっと使いづらい印象だったんですが操作に慣れてくると
相当使いやすいかもしれませんよ、トラックボールマウス。
親指をコロコロするだけで好きな所にポインタを持っていけるので、
作業するのがかなり楽になった気がしますねい。
とはいえまだ微妙なカーソル操作には慣れきってはいませんがの。

あとグータラ野郎の俺としては、就寝時にキーボードとマウスを布団のそばに持ってきて、
寝ながらPC操作できるのもかなりありがたい。
マウスを動かさずにカーソル操作できるだけでなく、
マウスを置く場所が平らな場所に限定されないのもかなり大きなポイント。

ドラッグする時の感覚も手で動かすタイプのマウスとはまるで違ってて、
その新鮮な操作感のおかげで、
パソコンの前に座るのが少しだけ億劫じゃなくなったり。

ボタンの数は以前使ってたマウスよりは減ったんですけど、
価格的には前使ってた奴の半額程度で購入できたので満足度はわりと高い。

安価で利便性の高いものが手に入った時の喜びは、
わりと高価なものを買って失敗した時の憂鬱を上回ったのでした。
このご時世、安いものより高いから安心、良い物である、
ということはあまりないんだろうなと思いましたね。

もちろん高くて良い物はしっかりしているとは思うんですけど、
安くて良い物との差がどんどんと狭められている気はしますよね。

そりゃ高いものでも気にせずに出費できる余裕を、
国民の大半が持てるようになるのが理想的ではあるんですが。
安かろう悪かろうというのが、
昔よりも説得力を持たなくなってきてはいるなあと感じたり。
もちろん安くて品質の悪いものも結構あるんですけどね、
高くて悪いものも結構沢山あるから気をつけようねという。

少なくともこいつは安いから仕方なく使うという類のものではなさそう。
スポンサーサイト

人の限界 ―電王戦にて思う―

3月30日の電王戦でポナンザに人間の棋士が初めて敗北した。

チェスの世界ではすでに人間はコンピューターに敗北しているそうだ。
それはある意味で仕方のないことだろう、
コンピューターは膨大なデータベースを保持し莫大な演算速度を誇る時代となった。
しかしコンピューターが将棋を指せるようになったのは、
人が将棋やAIやコンピューターを研鑽し続けてきた証のようなものであって、
その結果、人が機械に将棋で敗北したのであればある意味、努力が実ったとも言える。

無念ではあるが、こうした事態はある意味当然の帰結であろうと納得も行く。
しかし本当に悲しいのは、
このポナンザと戦った棋士に対して非難が殺到しているらしいということだった。

「プロって雑魚」「将棋の歴史に泥塗ったゴミ」 コンピューターに負けた棋士に酷すぎる中傷
http://news.livedoor.com/article/detail/7554041/


強い相手と戦って負けた者に対して心ない言葉を投げかける人間などというのは、
心の温度を持たない機械以下のゴミクズだと思う。
真実、機械に敗北しているのは、いまや人の心ではないのか。
今回人の尊厳を踏みにじったのは、心のない人であってコンピューターではなかった。
コンピューターは一心不乱に将棋を指しただけのこと。

負けた棋士に誹謗中傷をまき散らすなど、
それこそ人間の心の敗北だとは思わないのか。
情けない気持ちになる。

こうした愚かさが本当に人の限界のように思えて仕方なかった。
人類はいま本当に大変な局面に陥っているのかもしれないね。

ブログとはきっとそういうものなのだ。

ほんとうにどうでもいいことだ。

どうでもいいことなのだが。
歳を経るごとに、どうでもいいこと、ということに全力投球できなくなりがちになる。
例えばブログとかね。

昔は何の意味もなくとも、そこに意味を見出してやるというような勢いでもって
それはもうやたらめったらと記事を書きまくって。
自分自身でも、
書いた記事から自分勝手に自分自身の真意なんてもんを汲み上げていたりした。
そういうことが知らず知らずできなくなっていくのは、
日々の生活というものを保つのが本当に大変で、面倒で、
やたらと意味や価値のあることにしか目がいかなくなってしまうからだ。

そういうことでつまらない人間になっていくのだということは、
無意味なことにでも意味を見出してなんとかやってやろうとしていた頃には、
なんとなくどころかはっきり感じていたはずで、口に出してすら言っていたはずなのに。
そうした状況は反射のように自分に返ってきてしまって、
手一杯になると目一杯になってもはやそんな頃の自分の思考など思い返す余裕すらもなく。
ただ日々を送ることに精一杯生きてしまっている自分。

それが情けない事だとは、もう思えなくなってしまった。
みんなそうやって、なんとか日々を生きているのだとわかってくると、
それを子供っぽくも見つめていた頃の自分の浅薄さにも気づいてしまって、
今の自分を大人のように仕立てあげてしまって眺める浅薄さを忘れて、
考えてしまっている。

余裕を勝ち取ることというのは何とも難しいのだなと子供っぽくも思う。
必死になって生活の余裕を得ようとしていたり、
余裕のふりして必死に余裕を保とうとする心だったり。
大人になるっていうのは、そういう部分をなんとかごまかしながら、
それでもまっとうに日々を送ろうとする意志によって保たれる経過なのだろう。

骨格にあるのはいつだって、子供の頃のままとあまり変わらぬ自分があるだけ。
状況がそれをさせないというだけで、それを少しずつ変えていくというだけで、
変わることを強いるというだけで、我々は子供という中身を大人という殻で覆う。

不必要だと思えるようなことにも、意味を見出そうとしなければ、
それは無意味に過ぎていくだけのものに過ぎず。
己に必要な体験をしていても、
それを活かすことができなければ必要は不必要と同義となるし。
活かそうとすれば、どんな体験であっても必要なことであったと言うことができる。

我々は――。
というよりも私は。
必要を無意味なものにせぬよう、意義ある勝ち取り方を日々勝ち得ていく必要がある。

弱音、弱気、マイナス思考、自己否定、保身。
そうした方向性を見つめるよりも。

自分の可能性や、
自分を一番応援するのは自分自身であるという当たり前を、
日々によって当然のように実感していかなくてはならないのだと。

自分自身の言葉によって実感していくべきなのだろう。

だから、あえていうならば。
これは、
ほんとうにどうでもいいことではないのだ。

まったくといっていいほど、
どうでもいいことではないのだ。

ブログとはきっとそういうものなのだ。
それがまた私以外の誰かにとってもそういうものでもあってくれればいい。

むちのちののちきち

恥ずかしながら、先日受けた仕事で大目玉をくらってしまい、
猛省してこりゃ現代のWEB制作についていかなきゃいかんわと、
これまでの知識や経験などは一旦全部わすれて、
CSS3、HTML5、jQueryあたりを最近必死こいて勉強中です。

もはやテキストに手打ちで全部に対応するのはさすがに
作業効率的にも、能力的にも俺には不可能だと割りきって。
すでにある優れたものを利用させて頂きながら、
なるべく要望に応えられるものを作っていこうと思いました。

現代はデバイスも様々ですから
様々な端末に対応した流行りの可変グリッドはどう作るのかとか。
そんな基本的な所から勉強しております。
ユーザーエージェントで振り分けるのかなとか思ってたんですが
なにっメディアクエリってのがあるのか!
などなど全然時代についていけていない自分に辟易。
知らないことの情報量の多さに押しつぶされそうながらも、
知らないことを知るのは新鮮でもあります。

そういう脳みそが10年前くらいから止まってた感が否めません。
というか勉強という作業自体、大学卒業してからこっち、
たまに壁にぶつかった時に、壁を迂回する為の方法を調べたりするくらいで、
自分で考えてあれこれと
思索を巡らせる力があまりに低下していることに気づかされました。

ただツールを使っているだけで自分で考えることをやめると、
脳みそというのは驚くほどにバカになっていくのだと痛感。

分からないことだらけの文章を読むのが、
これほど面倒で厄介なことだということすら忘れてました。
学生時代に古典とか数学の授業が苦手だったことを思い出したわ。

理解しようと気合いれると少しずつ頭の中には入ってくるんですけど、
時間は有限であるという真理と常に隣り合わせの状況ですから。
なるべく先達の知恵にお縋りして結果への到達は迅速に。
理解への到達はそれと並行しつつも自分の知能指数に合わせてじっくり確実に。
という感じでやっていくしかないようです。

ってか今のWEB制作はやらなきゃいけないこと多すぎる気がw

飲み食いしてからすぐ寝ると体重って根深く残るよね

少し前まではほとんど家で酒を飲むのが日課のようになってまして、
110キロ台から70キロくらいまで落としたのが90キロまでリバウンドしちゃってたんですが。
それから少々酒を控えまして体重も若干落ちて最近では80キロ前半あたりをウロウロ。

そんな中、先日ですね
我が家の比較的近所にホルモンを売ってる精肉店を発見し、
そこで「さいぼし」やら「油かす」といったまあいわゆる少々一般的でないが、
味には定評のある類のもんが買えることを発見し、
友人たちとホルモンパーティーをして舌鼓を打ちならしました。

それからというもの、私。
「さいぼし」や「油かす」を肴に一人で晩酌しながら夜を過ごしております。

いつも食べに行かせて頂いている八丁堂というホルモン屋さんは
個人的には日本一おいしく肉を食べさせてくれる所だと思っているんですが。
いかんせん家からは少し遠いので車移動で酒は飲めません。

八丁堂さんには及ばずとも、家でもそれに近い感動を味わいながら
運転のこともその後のことも気にせず飲める感じが大変ありがたく。
ここ最近は再び酒浸りの日々へと戻ってしまいそうな予感。

バランスというのは難しい所であります。
まあ俺は多少太っているくらいで人間の貴賎が決まるとは思わないので、
別にいいっちゃいいんですけどね、ぶう。
自己紹介
  • 世界の住人である証として


  • プロフィール
  • 円山寛貴
    Maruyama Kanki
  • コミュアプリ
  • YOSHIOO

  • コンタクト
  • mixi
    gooホーム
    Twitter

  • メッセ系
  • skype名:円山寛貴
    MSNメッセンジャー
    mpe_code@hotmail.com

  • 紹介

  • HI-KING / Rhyme Viking

    ちぐはぐ
    Cheekbone / ちぐはぐ

    boost
    DJ KAZUNARI / Boost

  • Amazonショップ
  • Circle Mountain Cycle

    受けた恩は忘れたくない人たちの為に。
  • タイ洪水への寄付(paypal)

  • タイ旅行交流会

  • トルコ地震の義捐金受付先

  • ぼやきくっくり さん

  • ひとこと
  • YOSHIOOをよろしくお願いします。

Amazonアソシエイト
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも一覧
深いふかい森の中
過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき
写真
カレンダー
Google AdSense
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。